FC2ブログ

ひとり一人が幸せ溢れる自然な笑顔になれるよう
人枠拡散思いやり

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。


※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


ビジョン構築・目標設定-続き

実現可能なビジョンの構築
【課題・目標、各プランの設定とポイント】新大照bs

◎ビジョンの構築≒将来像推測

例えば、ある会社で知恵を生み出せる職場環境にするために
会社の企業理念(ミッション)から落とし込み自部門のビジョン、目的、
その為の判断基準などの案を作成し、社員と共に対話や学びを通じて
一緒につくり込んで行くプロセスことをビジョンの構築と言います。
ビジョンは、将来の「ありたい姿」=将来像を言います。
店(会社)のビジョン構築には「作り込んでいくプロセス」を全員一緒に「共有する」ことです。

⦿将来の貴方を創る(≒MYブランドの構築)

貴方には、心がワクワクし、今直ぐ動き始めたくなる夢やビジョンがありますか?
「夢」を実行可能な「ビジョン」に落とし込むことをビジョン構築と言います。

〇ビジョン構築のポイント

1.己を指差す(自分の仕事と人生を見つめ直す)

 イ.仕事をしている目的は何のためですか? 
 ロ.仕事から得られたモノ、得られたコトは何ですか?(モノは物質、コトは心・精神)
 ハ.今後、仕事を通して、どんなモノやコトを創って行きたいですか?

2.必ず出来るという前提意識を持つ

 イ.現在に至る実績と行動を記録してきた事実があるから出来る。
 ロ.素晴らしい成果や結果を出している人をモデルにし、
  自分との違いを多方面から分析するために異なる
  それぞれの要素に焦点を当てて、自らの足りない部分を
  埋めようとしてきた経験があるから出来る。など

3.必要とされるデータ収集

 ・実現したいことが必ず成功することを証明するにはどんなデータを調べると良いですか?

4.未来予測=目標設定

 ・将来のビジョンを考える時に、その時点で自らの環境、社会背景まで予測する癖をつける。

5.予測&タイムスケジュール

 ・スタートとプロセスの予測、及び成就予定の日付を入れ構築する。

6.掲示自覚する=反復

 ・ビジョン実現に向けてプランを立て、目に見えるところに掲示する。
 ⇔P.D.C.A・6W3Hで作成→レポートや図表で記録・掲示する。
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 仕事の現場 | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback