FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

コロナウイルスに立ち向かう日本人
日本中のみんなで力を合わせ和国コロナウイルスss新型コロナウイルス和国コロナウイルスssを撃退しよう!

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


サービス業の職務と意識.【診断リスト】の使い方

.【診断リスト】使い方のサポートページ


〇チェックリストの対象者
 ・初心者・初級者・中級者・上級者。
 ・パート・アルバイト、一般社員、指導職、監督職、管理職。

〇使い方
 1.項目別に対象となる職位、職能者を略記号で記入し、誰に対する項目かを明確にする。
 2.項目に採点して診断してみる。(自己、上司)考課リストとして活用も可。
 3.スキルチェック各項目を記入し分析する。
  (自分に必要か、不足かを見つけ課題にする)
 4.項目の[メモ)]の部分には自分や上司からの当初の課題を記入する。
 5.空白(・・・・・)部分には具体的な形や方法を記入する。(定義でもよい)
 6.スキルチェックは身に着けるべき期間、目標や課題の達成日を記入する。
 7.スキルチェックの[メモ・ポイント・アドバイス]には取得などの方法やポイントを記入する。
 8.項目で内容を掌握し、スキルチェックで身に着けるべき期日や必要性を明確にする。
 9.対象者または職位別に各項目からピックアップし、育成テキストとする。
 10.現在不備なマニュアルやテキストの洗い出し、又は作成リスト作りに役立てる。

◇項目別集計

◆職位
 [全員=全・P/A=A・社員=S・監督社員=C・管理社員=M ]
◆職能
 [全員=全/見習中(試用期間)=Т/正 (レギュラー)=L/統率(キャプテン)=C/監督(マネージャー) =M ]
(参考図↓)
詳細ランク他

評価診断サポートー手順


1 各シートの項目タイトルa~?を店舗に合わせ[要] [不要] [不明]=[○] [×] [?]に別けます。

2. 次に1.の[要]とした項目を《各職位》に振り分けします。(例=アルバイト・社員・役職者)

①の点数(10~0・5~0).→標準点をマークする。

3. 2.で振り分けした項目別に重要度をS.A.B.C.にランク付けをします。

4. 3.のランク付けした項目毎に[教えられる][出来る] [どちらとも言えない(一部・時々)][出来ない]で採点します。

【例】[教えられる⇒3][出来る⇒2][どちらとも言えない(一部・時々) ⇒1][出来ない⇒0]

5. 3.の[どちらとも言えない(一部・時々)][出来ない]が付いた項目の原因追求をします。

 ※自分自身に《気付く》ことが原因追求の話し合いのポイントです。

6. 5.の原因が解かったら解決法、習得方法の選択をします。

【例】[自己習得= a] [継続= b] [訓練する= c] [仲間から教わる= d] [指導を受ける= e]
   [研修を受ける= f]


7. 4.の[どちらとも言えない(一部・時々)][出来ない]の付いた項目に習得期間を付けます。

【例】7日以内=イ/半月以内=ロ/一ヶ月以内=ハ/三ヶ月以内=ニ/半年以内=ホ/一年以内=ヘ/
   〈自己申告期間〉=ト


8. 様々な診断/評価方法で診断/評価します。

【例】[個別面談] [モニタリング][グループミーティング][ロールプレイ][考課・査定] 
 

※仲間、上司が相談や現況のフィードバックをメールやシートで行う事で効率が上がります。
 
※また、内容を個人データとして残すことも大切です。


自他診断リスト枠

大切な仲間への 【思いやり】 「ありがとう」『感謝の言葉』のキャッチボールから
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 仕事の現場 | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback