FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

感謝医療従事者20200503s03コミュニケーション人の輪s地球
みんなで力を合わせ和国コロナウイルスss新型コロナウイルス和国コロナウイルスssに打ち勝ちましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


「主観」or「客観」-心のフィルター

個々人の心のフィルター「主観」or「客観」?

心のフィルター人称別新
※図は主観と客観を総体的に捉えたものです。

皆さんは「主観」or「客観」どちらで物事や人物を捉えますか?

主観は、主に相対的な事実を現したものです。
詰り、個人的な見方に染められた世界観で、姿形によって識別したり、
個人的な推測によって解釈したり、誤った知識の捉え方や、
原則的な道徳に対する無明さや、驕り高ぶりや、未知のものへの恐怖心、
などを元に理解するように仕向けられてきた、私達の見方です。

この主観を元に喋ったり話す人は、世界を有りのままで見ることが出来ず、
その世界についての自分勝手な億説を説明しているだけになりがちです。

それに比べて客観は、ありのままの世界を偏りなく見ることです。
この世界との関わり方は、虚偽や偽善が全くない、
時間をかけて証明された、原則のある道徳に基づいています。
この活動は、人が究極の真理(真諦)を見つけ出したいと、切望することから起こるものです。
そして、客観を理解することで、結果的に、存在するもの全ては多様な関係によって、
相互に繋がっていることが分かります。

その多様な関係とは、
本当の自分、自己判断した自分の人格、交際相手、
友人たち、そして常に変動する環境や身の回りで
起こるあらゆる種類の事象や現象などです。

主観で物事を見ていると、
なんらかの争い事に向き合った時、
大体は物事を自分の思う結果へ操りたがるので
自ずと競争的な付き合い方になり、
上手く行かない場合は嫌々妥協するものです。
ですから、全ての物事を客観的に見る心を
養う方が遥かに徳を得られるのです。


08主観軸

関連記事
スポンサーサイト



Theme: 対人コミュニケーション | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback