FC2ブログ

ひとり一人が幸せ溢れる自然な笑顔になれるよう
人枠拡散思いやり

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。


※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


表裏のある人、無い人?

人は見かけに依らぬもの
(内と外の顔=内面⇔外面)


見た目・心s1

長く続く親友関係、中の良い夫婦、社内や組織での人望がある人
こう言った人達の共通点は、内(内面)と外(外面)が異ならず
物事や人の言行を心で思考し行動することです。

・素の自分(心・姿)を表せるパフ―マンスをしていますか?
・それとも、格好良見られる自心を偽ったパフ―マンスをしていませんか?


現代社会は、他者の目や思惑、評価を気にし過ぎるばかり、
己の本質を偽り、日本人の心と言われる「侘び寂び」の心を失い、
虚飾や虚像と考えられる自分自身の外見や対人テクニックを優先し、
自分の資質を照らさず真似をし、身に着けたがりする傾向があります。
本当の自分と違った外面のパホーマンスが大きく異なる人がおります。

例えば、外と内の異なる人は、お付合いをする相手に対し、
最初の内は本質を偽ったパホーマンスや着飾った姿が魅力的に見え
素敵な印象を持って貰えても、月日が経ちお付合いが深まるに連れ、
外の姿ではない本当の姿が現れ露見してしまうものです。

内外の顔(=外面・内面)・知前後の態度の違いの少ない人や
仲睦まじい夫婦や友人関係に於いても
長続きしている皆さんの共通点です。
また、このような家庭で育った子供は、
感性の優れた豊かな心の持ち主が多いようです。

以前は、第一印象から人物が垣間見られましたが、
パフォーマンスを大切にする現在社会では、
第一印象をあまりあてにしない方がいいのではないでしょうか。

さて、様々な情報が豊かな社会の現在、
好感パホーマンスを皆がするようになり、
始めて出会う人の人物(人柄・心)は、
第一印象や外見だけでは決して解りません。

【表裏一体】

表裏ピンク

此処で、外の自分と内なる自分の統一、
人の「表と裏」の顔について考えてみます。
人付き合いも物事も実際に体験してみないで、
本当のところ(姿・本質)は解らないのですから
安易に批判や評価するべきではないのです。
その結果、私自身も大切な人を失ってしまう体験をし
また、その多種多様な事例を無数に見てきました。

口では調子のよいお世辞を言うのに、内心では人を馬鹿にしていたり、
外では、モラルや道徳の大切さを話すけど自分はそれ実行しなかったり、
自分の家は汚いのに他人の家の汚さに苦情や文句を言ったり
他人には優しい言葉使いや態度をしているのに、家族には逆な言行をする、
といったことなど実際に体験されたことが御座いませんか?

意見や思考の食い違いがあること事態は
異なった顔と心を持つ人間として当然です。
しかし、言行や態度の内と外のギャップを
大きくしてしまうのは良くありません。

人は、何らかの言行や態度を表す際、
「言行一致」と言われていること、即ち言うことと、
実際に行動していることって結構違う場合があります。

また、他人を見る時の基準と自分を見る時の
基準が変わってしまうことがあります。
文章を書く時にも、自分がよく認識していないことや
思いつきで書くことも多々あります。

人は、多少なり外面と内面が違うのは仕方ないことかもしれません。
場所に合せて、外面を変えないといけない場合もあるので
外面を気にしてはいけないと一概には言いきれません。
自らの心が変な暴走(≒刹那な生き方)をしないように防ぐためにも、
内面と外面は、多少違っているということをいつも意識しておいた方が良いのです。
意識して人と接する人間らしさを楽しめ味わえます。

〇外と内の顔が異なる人々に共通点

 外の顔が内面と異なる自分を弁えている
 人の目、思惑、評価を気にする
 目立つように過剰なパホーマンスをする
 自分の心と身体に自信がない(劣等感が有る)
 自分の身の丈を知らない

 感受性が強い
 自己開示を苦手とする
 自己誇示・誇張のために着飾る
 自己顕示の言動や態度をする
 知識やスキルをひけらかす

 人の意見に左右される
 他人を心から信じない
 独りぼっちになった時の孤独(孤立)感を嫌う
 自己中である
 保身思考を持つ

 なんでも頭だけで考え、解決しようとする
 愛されたい気持ちが強い
 人に求めて、自分は行わない
 求めるばかりで与えない
 立場転換意識が持てない

 刹那に生きる
 我欲、煩悩を自制出来ない
 負けず嫌いである
 傾聴力に乏しい
 自己開示をしない
 自分と真摯に向き合えない

 謙虚さに欠ける
 本音を漏らさない
 確固たる信念を持たない
 笑いでごまかす

 曖昧な返事で答を出さない
 偽りの謙遜をする
 自分のものさしを変えない
 プライドが高く己の否を認めない

 時間管理に欠如する
 外への自己逃避の活動が多い
 認めて貰いたい意識が強い
 生立ちから来る淋しがり屋である
 「してあげた」言動が多い
  などがあります。


【意味】
外面(ソトツラ) 物の外側の面。がいめん。2 他人との応対などに見せる顔つきや態度。
内面(ウチヅラ)。 1 家族や内輪の人に対する顔つきや態度。2 物の内部。内側。

関連記事
スポンサーサイト



Theme: 対人コミュニケーション | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback