FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

新型コロナウイルス感染おもてなし開発
みんなが一つに繋がり,知恵を出し合い和国コロナウイルスss新型コロナウイルス感染症社会和国コロナウイルスssで元気に生抜きましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


謙虚さの診断(2)

謙虚さ診断リスト-2.

謙虚に学び・修める
採点)有=2.?=1.無=0.

51.[ ]触合う相手に遜り、温かな優しい眼差しで接しられますか?
52.[ ]見返りを望まず、求めずに情けの施しが出来ますか?
53.[ ]自分の精神状態の良し悪しに関わらず、思い遣りの篭った温かな言葉をかけられますか?
54.[ ]自らを犠牲にし、人の為、社会の為に懸命に働けますか?
55.[ ]利他の意識で発言、行動出来ますか?
56.[ ]他者に明るい笑顔、柔和で優しい微笑をたたえた笑顔で接しられますか?
57.[ ]人に受けた恩は心に刻み、情けを水に流せますか?
58.[ ]「ありがとう」「お陰様で」「有難い」の感謝の言葉と態度で人々と接しられますか?
59.[ ]思い遣りの心を込めた態度と言葉使いで他者に接しられますか?
60.[ ]人や他の物の存在に、感謝の心で触れ合い接しられる

61.[ ]奉仕の心で労をねぎらい、お世話が出来ますか?
62.[ ]無いと困るけど、大きくなり過ぎるプライドを自制し、低く保つことが出来ますか?
63.[ ]お互いが互いの存在を、遜り合い、認め合っていますか?
64.[ ]有りの侭の姿を見せられますか?
65.[ ]自分が全て正しいと思い込み、その偏った狭いものさしで、
    他人を評価、批判、否定をしないように出来ますか?
66.[ ]高慢は無力に基づくものだと自覚出来ますか?
67.[ ]物腰を低くして会話や行動をしていますか?
68.[ ]ゆとりを持って人に接していますか?
69.[ ]仕事上や職場で謙虚な態度に努めていますか?
70.[ ]謙虚は人のためならずと意識していますか?

71.[ ]謙遜は、己の分度を弁えてしていますか?
72.[ ]謙遜は、時により自己顕示に成ると自覚していますか?
73.[ ]アピールは、謙虚の妨げになることがあると認識していますか?
74.[ ]謙虚と謙遜に、けじめは大切だと自覚していますか?
75.[ ]謙遜は、時に誤解や不信の元となると自覚していますか?
76.[ ]自分のスキルや能力を正しく分析出来るようにしていますか?
77.[ ]その時の感情や好き嫌いに関係なく、言われたことは一度受け入れられますか?
78.[ ]先人(年長者)を大切にする意識を備えていますか?
79.[ ]相手の労力や投資を自分に置き換えて思考とていますか?
80.[ ]刹那に生きることをしないようにしていますか?

81.[ ]謙遜の出来る人は「言行一致している人」だと理解していますか?
82.[ ]己の評価を他者に求めてはいけないと自覚していますか?
83.[ ]有りの侭の自分自身心身の姿を認めていますか?
84.[ ]現状の心と身体の位置に安心・安住していませんか?
85.[ ]己の心の成長に危機感を持ちチャレンジしていますか?
86.[ ]利他心である、他人の利益を意識すると共に他人の喜びも考えることが出来ますか?
87.[ ]己の弱みを武器にすることをしないようにしていますか?
88.[ ]傾聴を心掛けて会話が出来ますか?
89.[ ]過ちや不足を素直に認められますか?
90.[ ]他人の意思や想いを排除することをしないようにしていますか?

91.[ ]総てに対して学ぶ心で接しられますか?
92.[ ]己を無にし(無我無心)、何らかの教えを得ようと努められますか?
93.[ ]注意や意見を言ってくれて「有難う」「有難い」の感謝の気持ちで受け入れられますか?
94.[ ]立場に関係なく、話を聴いてくれて「有難う」と言う感謝の気持ちが持てますか?
95.[ ]会話上、出過ぎたり、過度の自己主張をしたりすることは無かった
96.[ ]相手の話を一度受け入れてから、自分の意見が言える
97.[ ]利他・愛他の行いの第一歩は、「謙虚」であると認識出来ますか?
98.[ ]己の成すべきことを正しく知り、勇気をもってそれを行なえますか?
99.[ ]良い物事は、正しく良いと認識出来ますか?
100.[ ]価値ある物は、私心を捨て素直に正しくその価値を認めることが出来ますか?

№50~



関連記事
スポンサーサイト



Theme: 対人コミュニケーション | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback