FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

新型コロナウイルス感染おもてなし開発
みんなが一つに繋がり,知恵を出し合い和国コロナウイルスss新型コロナウイルス感染症社会和国コロナウイルスssで元気に生抜きましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


日本人の心「礼」

心を尽くす活動-『礼』

礼に始まり

今の社会は、『』が疎かになっていると感じられることが多く見聞きします。
例えば、喪中なのに「新年おめでとうございます」
と言った挨拶言葉を平気で使ったり
先人への節度の無い言葉使いや無礼な態度だったり
教えを受ける人に「参考に成ります」と平気で話したり
教えて貰うだけでその経過を返さなかったりすることを
成さない大人が増えていると思われます。
即ち、利己的な『』を尽くさずとも生きていられる
と安易に考える人が意外と多いのではないでしょうか。

少しでも多くの人達に『』の大切さを知って頂きたいので
以下、孔子の論語の一部と学びのメモから記します。

仁によって育まれた気持ちを『』に依って形とする。
仁のみであってはいけませんし、
仁なくして『』はあり得ないということです。
即ち、「」を具体的な行動として、表したものです。
元々は宗教儀礼でのタブーや伝統的な習慣・制度を意味し、
後に、人間社会の上下関係で守るべきことを意味する。

また、武士道の基本とされる
礼に始まり礼に終わる』も多く知られています。

孔子の論語の中にある以下の語に「礼」の心が窺い知れます。

『礼を学ばざれば、以って立つことなし。』  [季子第十六]
『礼を知らざれば、以って立つことなし。』  [尭曰第二十]

[原文の意味・解釈]
孔子は長男の伯魚に、
庭先で「礼」を学ぶことを強くすすめた。
「礼」を知らないと、人格形成が出来ず、人間関係がうまくいかないからだ。
伯魚の告白によれば、直接の父である孔子から教えを受けたのは、
庭先で会って「詩(学問)の勉強」と「礼の勉強」を薦められた。
この二つだけだったと言っている。
「庭先での教え」さしずめ現在ならば家庭で親が子に教える「躾教育」と言ったことです。
また、孔子は「礼儀作法」を重んじた。
「礼」を知らない「無礼者」になるなと。
「礼」とは「礼儀作法」のこと。

今流に言うと「礼儀」は「マナー」と「モラル」、
作法」は「ルール」「規律」と言ったことでしょう。


「礼節」とお辞儀
礼節とお辞儀
お辞儀は、相対する人を尊び敬い、その相手への自らの心を表し伝えるために行います。
即ち、相手に対する【礼】を表す「人間力」です。
人は自らの心で、己の態度や言動を見つめることで
自分自身の品位を築きそれを高めます。
お辞儀を始めとした「礼法」を自分のものとすることは、
「心法」とも言うべき自らの品位を高め品格を育むことです。

お辞儀は心を清らかに澄まし、心身の姿勢を正し、
もの静かに屈体し、頭(コウベ)を下げ行います。
どの様なお辞儀でも、最後は必ず無心で頭(コウベ)
を下げることが作法とされています。

威儀を正し、儀礼を尽くしつつ、後に作法に徹すべし
ということが大事なのです。

※国語辞書ー辞書検索
【威儀】 挙措動作が礼式にかなっていること。
また、礼式にかなった、重々しく威厳のある態度・動作。
【儀礼】 慣習によりその形式が整えられている礼法。礼式。
一定の形式に則って行われる宗教上の行為。


古よりお辞儀は、己の身を小さくすること、と言われております、
また、人間の身体で最も弱い部分であるを相手の前に差し出すことから、
私にはあなたへ敵意はありません
あなたへ敬意を持って接します
と言うことを表します。

別な捉え方として、お辞儀は対面し、接する相手に
思い遣り」=思いを届けるの意を表現する目的があり、
自らの心を、相手の心へ近づける意を表すために、
胸から前に出すように意識し、腰から折り曲げてするとも言われます。
ですから心(心臓)ある上半身を相手に向けて行うのです。

お辞儀(礼)は日常生活、ビジネスの場、接客接遇の場などあらゆる場面で、
円滑で潤いのある人間関係を築くために無くてはならないものであり、
相手に対する己の心の姿勢、思いやりや敬意を表現伝達する為にするのです。
この原義原則を弁え、決して疎かには出来ないのです。

「礼」は、
 人相互の軋轢(アツレキ)を防ぎ、行動に根拠を持たせる、当然の作法のこと。
 礼儀・礼節と言った秩序。自らの行いを丁寧にすることを「礼」と言います。

元々は宗教儀礼でのタブーや伝統的な習慣・制度を意味しています。
後に、人間社会の上下関係で守るべきことを意味するようになりました。
儒者の中でも、性悪説の立場に立った荀子は特に「礼」を重視したと言われ、
五常の「仁」のみであってはいけませんし、「」なくして、
礼はあり得ないという事です。
大人と子供の違いは、「礼節」が何たるかを知り、身に着けているか、否かです。
この「礼節」を弁えてこそ、初めて一人前の社会人と言えます。

己を謙遜し、相手を尊び敬い、「」を其の場、其の時の状況(Т.P.О)に
応じて自らの行動が出来るように、弁える事が「」と言います。
※人の世に秩序を与える礼儀、礼節は、仁を実践する上でとても大切です。

親や年長者、目上の人に礼儀を尽くすこと、自分を謙遜し、
相手に敬意を持って接することをと言い、
場合に応じて自分を律し、節度を持って行動することがと言えます。
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 対人コミュニケーション | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback