FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

新型コロナウイルス感染おもてなし開発
みんなが一つに繋がり,知恵を出し合い和国コロナウイルスss新型コロナウイルス感染症社会和国コロナウイルスssで元気に生抜きましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


日本人の心「義」と「和」の自覚と認識

武士道の【礼・義】と日本の【和の心】

日本人らしさおもてなしモラル

今問われる≪日本人としてのモラル≫

新型コロナウイルス感染で自粛生活を送る日々が続いています。
その様な中、いま、和の心とも言える日本人としてのモラルが問われる
自分だけの「楽」を追いかけた行為など、様々な利己的な事象が起きています。

数年前より起きているイベントや祭りでのモラル低下による中止行為、
己の楽だけを追い他人のことを二の次にする自己顕示欲を満足させる行為、
国難とも言われているコロナウイルス感染が起きている今、
和の国と言われる、日本人らしからぬこのような悲しい行為が
垣間見られるのは一体どうして起こっているのでしようか?


武士和義s

武士道の【礼・義】

」、とても重みがある言葉で、打算や損得のない人としての
正しい筋道」即ち「正義」を表わしています。

人は、自己顕示や我欲ばかりを追求していると利己的な生き方に陥ってしまいます。
それは人と人の競争や対立を生み、組織と組織の争い、国と国の戦いをも生み出します。

また、現代を生きる私達にとって重要な課題となっている少子高齢化、
環境問題や食糧・エネルギーなどの問題も、利己的な生き方のままでは解決できません。

これに歯止めをかけるのが、私達の日本人の心にある「和の心」や「利他心」、
モラル(倫理観)であり、そしてそれを人として「」を通し、実践することこそが“義”であると思います。
同時に、他者を「思いやる心」、「筋を通し人を立てる」の心で、
和を以って尊しと成す」の精神である人と人との繋がりを強めて行かなければなりません。

現代に生きる私達にとって“”“”とは、どんな行動でしょうか?

貴方にとっての“和”“義”とは、どんな行動、どんな生き方なのでしょうか?

「義」と言えば、戦国武将「上杉謙信」「直江兼続」が思い浮かびます。
謙信は、家臣の直江兼続に『天下を取ることなどは小事に過ぎず、
それよりも「義」を貫いて生きることの方が大事』と話しことは知られています。

過去、日本では、弱者を平気で切り捨てて
「勝ち組」とか「負け組」だとか騒ぎ立てた時代もありました。

「人」の文字の心を忘れ、人が人を「勝った」「負けた」などと平気で言え、
自分だけが満足し、幸せでいいなんて言う社会は何処か違和感を覚えます。

勝ち負けに関わらず、人を思いやる心、正しいことをして堂々と
胸を張って生きる、それこそが本当の勝者、幸福者だと思います。

このような生き方をしてこそ、
人は生きている幸せを感じることができると信じます。
私は、自分の欲や他者の力に負け、
落ち込み、騙され、裏切られたこともあります。

現代社会は、弱者が更に追い詰められ、自ら命を絶つ人もいます。
こんな世の中だからこそ、日本の心である「和」と「義」の精神が必要だと思います。

厳しい少子高齢化社会に入った今、「和を以って尊しと成す」の日本の心の元、
私達は「義」の精神を備え、人をサポートし、人を育て、
未来に希望を持って生きなければなりません。

ひとりでも多くの人がこの「和」と「義」の心を備え、
人を思いやり、権力や利害関係などに屈することなく、
正しいと信じることに迷わず突き進む
「謙信」や「兼続」の堂々とした生き方が出来る
社会にして行かなければならないと思います。


忘れまい「礼」と「義」の心と活動

「義」と言えば、戦国武将「上杉謙信」「直江兼続」が思い浮かびます。
謙信は、家臣の直江兼続に『天下を取ることなどは小事に過ぎず、
それよりも「義」を貫いて生きることの方が大事』と話しことは知られています。
過去、日本では、弱者を平気で切り捨てて
「勝ち組」とか「負け組」だとか騒ぎ立てた時代もありました。

支え合いう「人」の文字の心を忘れ、人が人を「勝った」「負けた」などと平気で言え、
自分だけが満足し、幸せでいいなんて言う社会は何処か違和感を覚えます。
勝ち負けに関わらず、人を思いやる心、正しいことをして堂々と胸を張って生きる、
それこそが本当の勝者、幸福者だと思います。

過去の体験からもこのような生き方をしてこそ、
人は生きている幸せを感じることができると信じます。

私は、自分の情欲や他者の権力や圧力に負け、
落ち込み、騙され、裏切られたこともあります。
現代社会は、弱者が更に追い詰められ、自ら命を絶つ人もいます。

今迄の体験から思うことですが、一般人は、少し有名になったり、
周りの人からちやほやされたりすると嬉しさあまり自利的になり、
感謝を忘れ、驕りが生まれこの「礼」と「義」を欠かし兼ねません。

【礼節と義】

大人と子供の違いは、「礼節」「義」が何たるかを知り、身に着ついているか、否かです。
己を謙遜し、相手を尊び敬い、自らの行いを丁寧にすることを「」と言います。

この「」を其の場、其の時に即して、
状況に応じて(Т.P.О)自らの行動が出来るように弁える事を「節」と言います。

この「礼節」があってこそ、初めて一人前の社会人と言えます。
また、「」を表す際、忘れてはならないことに「義」≒義理があります。

「義」は、義理・恩義・道義・大義・義務などと言われ
正しい行いを守ることで、人間の欲望の「利」と対立する概念です。

また、「」とは「礼儀作法」のこと。
今流に言うと「礼儀」は「マナー」と「エチケット」。
作法」は「ルール」と言えるでしょう。

【礼】

『礼を尽くすに素直にあれ』 
仁によって育まれた気持ちをに依って形とする。
仁のみであってはいけませんし、仁なくしてはあり得ないという事です。

即ち、「」を具体的な行動として、表したものです
元々は宗教儀礼でのタブーや伝統的な習慣・制度を意味します。
後に、人間社会の上下関係で守るべきことを意味するようになったと言われます。

※礼とは、様々な行事の中で規定されている動作や言行、服装や道具などの総称。
 春秋戦国時代、儒家によって観念的な意味が付与され、
 人間関係を円滑にすすめ社会秩序を維持する
 ための道徳的な規範をも意味します。
 この「礼に始まり礼に終わる」は、武道の基本とされます。

論語[顔淵第十二]

礼に非れば、視ること勿れ、
※礼にかなっていなければ、それを見ようとするな。

礼に非れば、聴くこと勿れ
※礼にかなっていなければ、そんなものに耳を貸すな。

礼に非れば、言うこと勿れ
※礼にかなっていなければ、そんなことに口を出すな。

礼に非れば、動くこと勿れ。  
※礼にかなっていなければ、そんなことで行動するな。

(原文の意味・解釈)
門弟の「顔淵」が「仁」について訊ねた時、
孔子は「礼」のことに触れ「克己復礼」が出来るものが仁者、と答えました。
つまり、我欲などの私心に打ち勝ち、人間生活の規範である「礼儀作法」を忠実に
身につけている者なら仁者といっても良いという意味です。

】 義は、儒教の主要な思想、五常(仁・義・礼・智・信)の一つです。
正しい行いを守ることで、人間の欲望を追求する「利」と対立する概念です。
これは、武士道での中心であり、且つ厳格な徳目が「義の精神」と言われています。

この「義」は、打算や損得のない人としての正しい道、即ち正義を指すもので、
「義」から派生した言葉に大義・道義・節義・忠義・仁義・信義・恩義・律義、
更には義理・義務・義憤・義侠・義士・義民・義挙などがあります。
武士と言われる古の人は、この「義」を武士道精神の中心に据え、
これを踏み外した者は卑怯者として糾弾の対象となりました。

この「義」には「正しい行い」と同時に
「打算や損得から離れた」との意味が含まれ、
人間の根源的なエネルギーとされる欲望を
制御しなければなし得ないとの意があります。

現代人の多くが行動判断の基準としている合理的精神は、
突き詰めれば「どちらが得か」との相対的なものです。
それに対し武士道の「義」は、普遍的な「良心の掟」に基づく
絶対的価値観を基本とするいわば不合理の精神であり「義」を
遂行するには、確りした自立心を養わなければならないとされました。

新渡戸稲造はその著『武士道』で、
武士道の基本は「フェア・プレイ」の精神と言っている。
フェア・プレイの根源とは「義を貫く」ということであり、
武士は例え戦いに勝ったとしても、
不正な行為をして勝った者は賞賛されませんでした。

義理
(1)物事の正しい道筋。人間の踏み行うべき正しい道。道理。
(2)対人関係や社会関係の中で、守るべき道理として意識されたもの。道義。
(3)他人との交際上やむを得ずしなければならないこと。
(4)意味。わけ。
(5)直接血縁関係のない者の間にある、血縁同様の関係。

古より『義理と人情とやせ我慢』という諺があります。
義理と言うのは、
実社会における規範性、法規制、規律性の要素が強いものです。
一般には日本の社会において、社交上、礼儀
を以て旨とする行動規範を指したものです。
冠婚葬祭などの場に於いては義理を欠く事の無い様、
各地に合わせ礼節に基づく義理の行為が執り行われる事が多いようです。

これは無用なトラブルを極力避ける手法でもあり、
義理をスキルとして昇華する意味を持ちます。
一方、本心はやりたくないけれども仕方なく行わざるを
得ない事柄を意味する言葉でもあります。
義理チョコなどの語は、こうしたニュアンスが強いと考えれます。
また、血縁以外の者が婚姻(縁組)などの
儀式を経て、血縁と同等の関係を結ぶこと。
配偶者の父母を義父・義母(義理の父母)
と呼ぶなどの用例が、これに当たります。

関連記事
スポンサーサイト



Theme: 心の持ち方 | Genre: 心と身体

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback