FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

新型コロナウイルス感染おもてなし開発
みんなが一つに繋がり,知恵を出し合い和国コロナウイルスss新型コロナウイルス感染症社会和国コロナウイルスssで元気に生抜きましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


With コロナ社会での対人関係構築の活動

imagesCA2UZJHEs.jpg「気遣いと「心遣い」

気遣い」は、相手へあれこれと気(神経)を使うことです。
この「気遣い」はある程度定められたルールが記載されたマニュアルに沿ったものであり、
サービス業などで対人関係として教わり習う、最低限の対人関係上のルール(マナー)です。

気遣い」の意味は、基本的に 相手に必要とされる言行をすること。
 →(ルール・マナー)
例を挙げると、温かい「気遣い」と言う表現は適しません。
「お世話になっております」や「お忙しいところ」
という言葉が気遣いを表現します。

心遣い」は、相手の気持ち(心)を 思いやる心(想像・洞察)です。
それは、心、想い、思想、精神を思いやりとして相手に表現する心の活動です。
「〇〇〇〇を戴き、お心遣いに感謝いたします」
というように使い方をします。
それは、相手の気持ち(心)や助けになることを思考(想像)し、
対人関係上で積極的に行う思いやる心の活動です。
相手のことを心から思いやり、相手の立場で思考する言行が「心遣い」です。
従って堅苦しいルールやマニュアルは存在しません。
その場、その時の状況に合わせ相手の心を想像・推測した上での言行と言うことです。

心身の活動・虹枠
※以下に簡単にまとめてみました。

目配り(お客様の心身、店舗や施設の隅々迄見る) 観察力

気配り(状況を察した言動する)⇔察知力

心配り(心の状態を察した言動する)⇔推察力

気遣い(来店動機、目的、精神状態を配慮、推察して言動する)⇔洞察力

心遣い(相手を思いやり相手の立場に立つこと。心・想い・思想・精神)⇔配慮・洞察力

気働き(温かな口調、心の篭ったマナーで お客様に合わせ積極的にお世話する)⇔創造力
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 対人コミュニケーション | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback