FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

コロナウイルスに立ち向かう日本人
みんなで力を合わせ和国コロナウイルスss新型コロナウイルス和国コロナウイルスssと戦いましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


教え方、育て方の心得とプロセス【10】-1

教え方、育て方の心得【10】と自己診断

魅力は潜在している魅力を探し、見つけ出し、そして新たな魅力を与えてこそ生かされます。
強要したり、望んだり、求めたりしたら消えてしまいます。」



(診断)自信有=5・やや有=4・どちらとも言えない=3・一部無い=2・無い=1

(重要度)(優先順位)は自己診断などにお使い下さい。


1.教えを受ける側の人の、心の姿勢と心のポジションを掴んだ上で教えること。
 (診断)5・4・3・2・1 (重要度)S・A・B・C  (優先順位)  1・2・3 

2.教える側は確固たる信念と自信を持ち「魂」を込め「本気」で教えること。
 (診断)5・4・3・2・1 (重要度)S・A・B・C  (優先順位)  1・2・3 

3.教えを受ける側の立場で行い、些細なことでも認めながら行うこと。
 (診断)5・4・3・2・1 (重要度)S・A・B・C  (優先順位)  1・2・3 

4.押し付けではなく、教えを受ける側の人へのコーチングをすること。
(診断)5・4・3・2・1 (重要度)S・A・B・C  (優先順位)  1・2・3 

5.教えを受ける側の方の、「気付き」に結び付く内容で行うこと。
(診断)5・4・3・2・1 (重要度)S・A・B・C  (優先順位)  1・2・3 

6.教えを受ける側の人の、能力に合わせて行うこと。
(診断)5・4・3・2・1 (重要度)S・A・B・C  (優先順位)  1・2・3 

7.一方的に教えるのではなく、考えさせる手法で行うこと。
(診断)5・4・3・2・1 (重要度)S・A・B・C  (優先順位)  1・2・3 

8.出来ないからと言って、決して感情的にならないこと。
(診断)5・4・3・2・1 (重要度)S・A・B・C  (優先順位)  1・2・3 

9.教える側の「ものさし」で計らないこと。
(診断)5・4・3・2・1 (重要度)S・A・B・C  (優先順位)  1・2・3 

10.教育ではなく、お互いに共育(共に育つ)の意識を持ち行うこと。
(診断)5・4・3・2・1 (重要度)S・A・B・C  (優先順位)  1・2・3 


教え、育てる上においても「思いやり」の立場転換の意識を持ち場の空気を読みながら行うこと。
教え育むことは、お互いの成長、「信頼」と「」の源です。

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 仕事の現場 | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback