FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

コロナウイルスに立ち向かう日本人
みんなで力を合わせ和国コロナウイルスss新型コロナウイルス和国コロナウイルスssと戦いましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


接客業入門のテキスト

大切な人への心を育む「接客業入門」テキスト

◇はじめに

皆さんは接客(接遇)業というとどんなイメージを持たれていますか?
ホテル旅館、飲食店、水商売のスタッフ、物販のお店や色々なショップの店員さん、
或は銀行や旅行会社などの窓口やカウンターにいるスタッフといった感じでしょうか?
接客(接遇)業とは人と接する全ての職業をさしています。
お店や店舗のスタッフは勿論、自社の商品・サービスを販売するセールスマンまでの
全て方々が含まれます。

私たちは、日々生活する中で多くの人々と接し、触れ合っています。
仕事をしていれば、必ずと言っていいほど人と会うでしょうし、
また、プライベートな時間でも様々な人と触れ合うことは多々あると思います。
言ってみれば人と「接する」ことは人生で最も重要な時間のひとつと言えます。

接客(接遇)業は、他の職業よりも人と接する機会が格段に多い仕事です。
様々なお客様との関わりを通じて感動や感激を味わうことができます。
また、時にはお叱りを受けたりクレームやトラブル対処をしたりすることを体験する中で
思いやり・奉仕・感謝・忍耐・寛容の心を学び、自分に身に着けていくことができます。
接客(接遇)業というのは、人と接する中で自分の人格を磨いていける素晴らしい職業です。

「ダイヤモンドはダイヤモンドでしか磨かれない」という言表し方がありますが、
人の心も人と接することでしか磨かれることしか出来ません。
「人間」というのは人の間、つまり人の間にいるからこそ人間なのです。
接客(接遇)業は、あなただけの素敵な輝きが得られる深くて、とってもイイお仕事です。
人はどんなに着飾っても、心の美しさに勝るものありません。
外見からの美しさ、綺麗さには限度があります。
人と接することで磨かれ、楽しみながら成長出来るのは接客業だけです。

多くのお客様や人と接する中で、自分にないお客様の感じ方や考え方、また感情の表し方などに触れ、
自分との違いを認識することで生きて行く上で大切な他の人の考え方を学んで行けます。
そして同時に人間とは何か、改めて問いかけることにもつながっていくでしょう。
こうしたことを繰り返していく中で、徐々に人格が磨かれていきます。

接客の世界は!
さあ、皆さん、これから我々と一緒に接客業を学んでいきましょう!
それでは先ず、このテキストのことについて簡単に説明させてください
このテキストは接客サービスのプロになろう、という目的で書かれています。
ただ、本当のプロとは何でしょうか?

最近の接客業では利益追求が主になり、形だけの接客になる傾向が多いように感じます。
あなたは、マニュアルだけの接客に疑問を持ちませんか?
このテキストはマニュアルには出来ない「おもてなしの心」に関する内容も多くあります。

☆このテキストで接客業を学ぶと

・ 接客サービスのプロになれる
・ 対人間、コミュニケーション能力を高められる
・ 生涯のお付き合いのできるお客様を持つことができる
・ 心の通った本物の接客サービスができる
・ その結果が、自分に満足や収入にはね返ってくる・・・・・


接客業は広く人と接する上で基本となることを学ぶことができます。
具体的なノウハウやプロの事例が満載ですので、
是非、プロのスキルを身につけ、明るい未来を切り開いてください!
それでは、まず接客業の世界を覗いてみましょう。

□接客業入門編テキストの目次

第一章 接客業を紐解いてみよう

1.ようこそ接客業の世界へ、選んだ訳は?
2.接客業とは・・・
3.接客業のサービスマインド
4.おもてなしって何だろう?
5.ホスピタリティとは何だろう?
6.お客様って?(お客様の定義)
7.第一印象を大切に
8.接客マナー思いやり、思いやる心を持とう
9.感謝の気持ちを持とう⇒なぜ必要か?表現と伝達
10.接客は「N」「H」「K」「T」「V」で
11.挨拶の目的
12.礼とお辞儀は
13.「はい」の返事
14.義務と責任について
15.躾とマナーの相互関係


御希望の方には、このテキストをお店や組織に合わせてお使い頂けますよう
メールに添付して、word原稿を有料( ¥1,500 ・税別 )、Mailでのケア付)のままお送り致します。
希望なさる方は、右のカテゴリー下の「問合せメール」にて
連絡先☎とお名前を必ず記入され、御申込下さい。


ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 仕事の現場 | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback