FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

新型コロナウイルス感染おもてなし開発
みんなが一つに繋がり,知恵を出し合い和国コロナウイルスss新型コロナウイルス感染症社会和国コロナウイルスssで元気に生抜きましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


敬語の使い方

「おもてなし」の言葉遣い - 敬語の使い方

以前にも敬語について載せましたが、検索の多い敬語も加えて再度掲載します。

敬語とは]

お客様や相手を敬う(ウヤマウ)表現として使われる言葉を、敬語と言います。
相手の立場を認め、スムーズな潤いのある人間関係を保つ為に欠かせない言葉の使い方
それが敬語なのです。また敬譲語とも言う場合があります。

[敬語の種類]

敬意の表し方によって、尊敬語謙譲語丁寧語の3種に分けられます。
自分より目上の方やお客様に使う場合に敬語→尊敬語謙譲語丁寧語の順になります。
謙譲語は基本的にお客様や同僚へは自分に関する事柄や行為を一歩退いた立場を表す表現。上司や目上の方々に対して「敬語」「尊敬語」を使います。

◇相手別の敬語の種類

イ)お客様・目上の方
敬語・尊敬語丁寧語謙譲語

ロ)上司・目上の方
敬語・尊敬語丁寧語謙譲語

ハ)同僚
謙譲語

[敬語]人、事物の表現のしかた

普通の表現[敬 語]
一人称(自分)⇒私・私ども
二人称(客)⇒お客様・○○様
三人称(客)⇒あちら(そちら)の方
集団 ⇒皆様(方)・○○会社の方
年配者⇒ ご年配(の方)・お年寄り(の方)お年を召した(方)
男(女)性⇒男(女)性の方・男(女)の方
夫婦⇒お二人様
夫⇒ご主人様
妻⇒奥様
子供⇒ お子様
父⇒お父様
母⇒お母様
祖父⇒おじいさま
祖母⇒おばあさま
家族⇒ご一同様・ご一家様・ご家族様
同伴者⇒ お連れ様・お供の方
代理人⇒ お使いの方
待ち合わせの人⇒ お待ち合わせの方
だれ⇒どなた様・どちら様
勤務先⇒お勤め先
住所⇒おところ・お住居・お宅・ご住所

◆[尊敬語]

話し手が聞き手、または話題の中の動作主、その動作・状態・事物などを高めて言う表現。

◆[謙譲語]

自分または自分の側にあると判断されるものに関し、へり下った表現をすることにより、
相対的に相手や目上の人に対し敬意(敬う意識)を表すもの。謙遜語、敬譲語とも言います。

◇尊敬語と謙譲語の用法

一般用語 ⇒ a.敬語 b.尊敬語 c.謙譲語

する⇒a.される b.なさる(なされる)  c.いたす・させていただく
いる⇒a.いらっしゃる b.おいでになる(なられる) c.おります
行く⇒a.いらっしゃる b.行かれる c.伺います・参ります
来る⇒a.いらっしゃる b.お見えになるおいでになる(なられる)  c.参る
着く⇒a.お着きになる b.お着きになられる c.伺う
入れる⇒a.お入れになる b.お入れになられる c.お入れする
言う⇒a.言われる b.おっしゃる c.申し上げる
食べる⇒a.召し上がる b.お召し上がりになられる c.いただく
持つ⇒a.お持ちになる b.お持ちになられる c.お持ちする
見る⇒a.ご覧になる b.ご覧になられる c.拝見する
聞く⇒a.お聞きになる b.お聞きになられる c.伺う・お聞きする
会う⇒a.お会いになる b.お会いになられる c.お目にかかる

◆[丁寧語]

1 話し手が聞き手に対し敬意を表して、丁寧にいう言い方。
  現代語では「です」「ます」「ませ」「ございます」などの助動詞

2 上品に言い表すときの言い方。
 ①名詞の頭に「お」をつけていう。「お湯」「おさかな」の類。
 ②「御飯」に対して「食べる」の類。

◇「お」「ご」の用法(丁寧語)
※元来は尊敬語・謙譲語から転じたもの。

・相手の家族・身体⇒お嬢様・ご両親・ご子息・ご新郎・ご結婚・ご卒業etc

・所有物・動作など⇒ご両家・お召し物・お履物・お帽子・お姿・お気持ち・お顔
 お書き下さい・お望みの通り・お美しい・お優しいetc

(美化語)お菓子・お酒・お鍋etc

○○になる[尊敬]⇒お立ちになる・お持ちになる・お待ちになる・お休みになる・お掛けになる
            ・お見えになる・ご覧になる・ご出席になるetc

○○下さる[尊敬]⇒お見え下さる・ご配慮下さる・ご理解下さるetc

○○いただく[謙譲]⇒お教えいただく・お持ちいただく・ご指示いただくetc

○○する[謙譲]⇒お預かりする・お下げする・ご案内するetc

○○いたす[謙譲]⇒お届けいたします・ご連絡いたしますetc

○○願う[謙譲]⇒お指図願います・ご協力願います・お立ち願う・おいで願う・足をお運び願うetc

※音節の長いもの、外来語には「お」はつけません。
 但し、おビール、おズボン、おソース等特別に「お」が付く言葉もあります。

ブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト



Theme: 対人コミュニケーション | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback