#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 取組み姿勢の自己チェックリスト

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

現場スタッフ(社員・アルバイト)の取組み姿勢の自己チェックリスト

(評価) S=良い・A=まあまあ良い・B=一部良い・C=劣る [  ]内は定義

1.規律性
[服務規律の遵守度]

①職場内の約束事を、正当な理由無く破ることはなかった。
②上司の指示、命令を無視したり、守らなかったりしたことはなかった。
③自分の怠慢を正当化するための言い訳はしなかった。
④店内の整理整頓を、きちんと行った。
⑤自分の身のまわり、休憩所内を整理整頓していた。
⑥人から借りた物は、催促される前に返却している。
⑦共同で使用している備品は、使用後必ず元の状態に戻している。
⑧無断で欠勤、遅刻、早退はしなかった。
⑨管理者に無断で、欠勤・変更をしなかった。

2.協調性
[自己範囲業務かどうかにかかわらず、チーム上好ましい行動、全体の立場に立っての協力度]

①当社の一員として上司、同僚との間にトラブルはなかった。
②業務向上のために、他のメンバーの仕事も快く引き受けた。
③業務向上を目指して職務の円滑な遂行のため自ら進んで上司や同僚と協力し、
 良好な人間関係を 維持する態度であった。
④メンバーが困っている時、進んで手伝ったり、助言した。
⑤業務向上のために、自分で得た有効な情報を進んで他のメンバーに提供した。
⑥自の手に負えないことについては、他のメンバーから協力が得られるよう誠意を持って
 働きかけた。
⑦公休を決める際、会社の都合、メンバーの都合に合わせた公休を取った。
⑧ミーティングでは他のメンバーの意見を尊重すると共に議論を発展させるために
 自分の意見も進んで主張した。

3.積極性
[量的・質的チャレンジ、改善提案、自己啓発の意欲・姿勢] 

①失敗を恐れず、達成にはかなり努力を要するレベルの目標や業務にチャレンジした。
②業務の中で与えられた仕事だけをこなすという漫然とした一日過ごすのではなく、
 常に業務向上のための工夫を怠らなかった。
③ミーティングでは進んで話題提供を行い、充実した情報交換や議論を実現させた。
④自分の技術や知識の弱点を補うため、進んで自己啓発を行った。
⑤新しい業務やテーマ、課題に対して、尻込みしたり、できない理由を探したりせす゛
 『どうやったらできるか?』という観点で取り組んだ。
⑥自ら進んで改善提案・意識改革・問題点の打開などを推進した。
⑦自分の業務のみならず周囲も含めた業務効率の改善を目指した行動・言動を行った。
⑧新しい発想による改善提案を行った。

4.責任性
[与えられた職務、守備範囲を何とかやり遂げようとする意欲・姿勢]

①自分の目標を果たすため、途中で投げ出すことなく最後までやり遂げた。
②会社(社員)の方針や考え方を自分なりに理解して先手の行動を取った。
③困難な仕事を先送りせず、その都度必要な手を打って対処した。
④業務に対し達成困難が予想されたので早めに社員に相談し対策を講じた。
⑤会社や社員の方針、施策に批判的な言動を取ったり、他のメンバーの行動をけなしたり、
 やる気を喪失させたりする行為はなかった。
⑥リーダーとしてメンバーに対し適切な指示ができた。
⑦リーダーシップを発揮し、メンバーの意識をまとめた。
⑧メンバーの業務態度、業務能力の向上を常に意識し、そのための努力を惜しまなかった。

採点結果を、自分の課題として優先順位を付けて取組むことをお勧めします。 
ブログパーツ

 
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/451-9bce83e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック