FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

新型コロナウイルス感染おもてなし開発
みんなが一つに繋がり,知恵を出し合い和国コロナウイルスss新型コロナウイルス感染症社会和国コロナウイルスssで元気に生抜きましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


躾とビジネスマナーの関係

ビジネスマナーを知る

お薦め度【★★★★

とマナーの相互関係

ビジネスマナーを身に付けるためには、と言われる基本マナーを身につけることから始めなければなりません。
ビジネスマナーは、職場で必要な信頼や評価を得る為の第一歩です。

ビジネスマナーは日々触合う人々への思いやりを形として現すための大切なものです。
がされ、ビジネスマナーをしっかり身に付けた社員の働いている会社は、社会的な信用や評価ばかりか、
社員の高い評価も得られるのです。

又一方では、個人的に社会人としての信頼や信用も同時に得られるのです。
全員がビジネスマン、社会人としてのとマナー(思いやり)を身に付けることは大切なことです

ビジネスマナーの基礎

組織には各人の役割があり、円滑に機能する為には全員の協力が必要なのです。

仕事は常識の積み重ねによって成り立っている。」

組織が人と人とで成り立っている以上、その中で仕事を進めていくためには、いやおうなしに、
人と関わり合っていかなければなりません。

管理職になれば、実績の総和こそが会社の業績になるだけに与えられた役割を果たす事がポイントになります。

身勝手さが抜けきらずに、自己主張はするが、最低限の社会的マナーさえ身についていない人も珍しくありません。

会社が組織で動いている以上は、その指示命令系統を守って仕事を進めて行く必要があり、自己判断せずに、
上司や周りとコミュニケーションを取りつつ、仕事を進めて行かなければなりません。

勿論、社外に出れば社会人としての最低限のルールやマナーを遵守しなければなりません。
このことをコンプライアンスと言います。

つまり、仕事と言うものは極言すれば「常識の積み重ねによって成り立っている」のです。

常識とは、意識の持ち方、経験の度合い、知識の度合いによって差が生じます。
従って、社会に出たばかりの方々に、社会経験の長い人の常識を押し付けてはなりません。
毎日の仕事を通して常識を学び、身に付け、少しずつ一人前の社会人へと育って行くのです。

裁縫をする時に使う「しつけ糸」は、洋服をキチンと目標に沿って縫う為にほどこすものです。
「しつけ糸」が無ければミシンは曲がってしまって、洋服を正しく縫うことは出来ません。

同様に、何のや訓練も受けずに育った方々は、正しく育ち大きな成功を成し遂げることが難しいと言えます。
そればかりか、会社にマイナスを及ぼす可能性が高くなります。

今から躾と言われる基本マナー(思いやり)を身に付ける努力をすることです。
「継続は力なり」は、社員のビジネスマナー修得とおもてなしには、とても重要なことです。


ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト



Theme: 自己啓発 | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback