FC2ブログ

当サイトに御訪問頂き誠にありがとうございます。40年余サービス業に携わり,
その体験で得た仕事やコミュニケーションの技や知恵,学びを載せております。

感謝医療従事者20200503s03コミュニケーション人の輪s地球
みんなで力を合わせ和国コロナウイルスss新型コロナウイルス和国コロナウイルスssに打ち勝ちましょう

※各投稿へのコメントは「日本語」でお願いします。


防災知識

地震防災知識

お薦め度【★★☆☆☆

警戒宣言が発令された時(地震の場合)

大規模地震対策特別措置法」によって、大地震発生の【警戒宣言】がなされた時は次のように行動する。

①警戒宣言の発令された時は出来るだけ早く会社(上司)へ連絡すること。

②業務は全て停止する。その時来店されているお客様に、その旨を申し上げて安全誘導する

③非常持ち出し品の確認をする。

④火の元を断ち、また倒れやすい備品等について安全防止対策を行なう。

⑤社内で待機するか帰宅するかについては、会社(または上司)の指示に基づいて行動する。

⑥勤務時間外の場合は、原則として次による。
 a. 自宅の場合は自宅待機→会社へ連絡し所在を知らせ、指示を待つ。
 b. 通勤途上の場合は帰宅→会社へ連絡し所在を知らせ、指示を待つ。

地震防災知識(日頃から備えをしておこう)span>

いざというとき慌てないためにも、避難方法を決めておく。
その場所に応じた避難方法を決めておく。

1.チェックしよう

①二つ以上の別な方向への逃げ道を決めておく。

②通路や出入り口、階段などには避難の妨げになるようなものを置かない

③いざというときのために、避難方法などを社内で話し合い、確認しておく。

④服装や持ち物にこだわらず出来るだけ早く避難する。

⑤いったん避難したら再び中に戻らない。

地震に伴う火災の際は消火する事が無理だと思ったら素早く避難する。

⑦姿勢を低くしてハンカチやタオルを口と鼻に当て、煙を吸わない。

⑧避難する時は決して慌てないで、落ち着いて行動する。

⑨エレベーターは使わない。

⑩避難する時はドアを閉める。

2.災害発生タイムフロー

大地震がおきると、経過する時間ごとにするべきことが変わっていきます。
実際の状況と対策を、時間を追ってみてみましょう。

イ) 地震発生 (0分から2分)
・とにかく、自分の身を守ろう!
・まず落下物から身を守りましょう。
・机の下に入ったり、棚から離れたりすることが大切です

実際
 職場の安全点検をしよう
 ①建物の点検・補強
 ②機器を固定。機器の上に物を積まない。

 [対策]
 火気器具や危険物の管理・保管に十分注意する

ロ) 発生直後 (2分から5分)
 しっかりと火の始末。出火防止です。

実際
 消火のチャンスは3度あります
 ①揺れを感じた時
 ②大揺れがおさまった時
 ③出火した時

 [対策]
 いざというときに自信を持って消火が出来るよう、日頃から防災訓練に参加しましょう

ハ) 発生後5分~10分 お客様、職場の安全を確保

実際
 自分の身の安全が確保できたら、お客様の身の安全を確保しよう

ニ) 月に一度は、防災会議
①役割分担を決めたり、いざという時の避難場所や連絡方法を決める。
②スリッパやスニーカーを手近に用意して、ガラスによる怪我を防止する。

 [対策]
 バール、スコップ、ジャッキ、懐中電灯など、救出用具を用意しておこう

ホ) 発生後10分~半日 
隣近所の安否を確かめ合い、助け合おう。

実際
個人での応急活動には限界があります。協力し合い活動しましょう。

[対策]
・防災の話し合いの機会を設ける。
防災訓練への参加。

ブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト



Theme: 仕事の現場 | Genre: ビジネス

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback