接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  部下との絆を作る「ひと言」-4

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

部下を励ましてあげたい時の「ひと言

お薦め度【★★★☆☆】全業種用

◆「良かったら、話してくれる」

方法:部下が落ち込んでいる時や挑戦意欲を失いそうな時に使う
ポイント:思いやりを持って、立場転換意識を持ち優しく問いかける
効果:部下に「悩み」や「苦しみ」を話してもらうことができる

◆「〇〇さんなら、大丈夫だよ」

方法:部下が自信なさそうな時、部下を叱咤激励した時に言う
ポイント:「○○さん自信を持って」と強い信念の基に、力強く話す
効果:部下に自信を付けさせてあげられる

◆「いい経験出来て、よかったね」

方法:部下が一生懸命行っていたチャレンジに失敗した後に言う
ポイント:失敗を次チャレンジの糧になるように、親身になり諭すように話す
効果:失敗のエネルギーを、経験としてプラスに転化することが出来る

◆「〇〇さん、いつでも力になるから」

方法:新しいことや難問にチャレンジしたり、失敗したり、自信を失いそうな時に話す
ポイント:親近感、信頼感、仲間意識を持ち伝える
効果:部下との絆、信頼関係が芽生える

◆「〇〇さん、これも勉強だよ」

方法:部下がミスをした時、チャレンジに失敗した後などに諭すように言う
ポイント:事実をハッキリ認識させ、次に同じことを行わないように話す
効果:勉強として捉えることにより、失敗やミスを前向きに捉えさせることが出来る


ポイント

自信と信念を確り持ち、部下への思いやり誠実な言葉づかいで話す。


参考記事 : 部下への「ひと言」
ブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/624-a5e67cac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック