#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) C.S.&E.S.アンケート

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

C.SE.Sのアンケート-スタッフ用(サンプル)

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

このアンケートは記名、無記名どちらでも使える内容にしてあります。

C.S顧客満足度を高める為には、先ずE.S(社員満足度)が高くなくてはなりません。

と同時に、職場が人間形成の場であることを認識することも忘れてはならないことです。

即ち、職場は楽しく働くためだけでなく、仕事を通して人創りの場でもあるということです。

このアンケートはC.Sを高めることは勿論、みんながイキイキと輝く瞳で明るく勤務出来る職場作りの

ために行います。

日頃皆さんの意見や感じていることを、飾らず有りの儘にお聞かせ下さい。


(問-1)私たちの店舗のC.S(顧客満足度)は100点満点で評価してどの程度だと思いますか?

 [   ]点

・採点のマイナス要素はどんなことですか、具体的にお答え下さい。

(問-2)私たちの職場のE.S(社員満足度)は100点満点で評価してどの程度だと思っていますか?

 [   ]点

・採点のマイナス要素はどんなことですか、具体的にお答え下さい。

(問-3)C.Sには「おもてなし」の心と態度が不可欠ですが、あなたはどんなおもてなしをしていますか?

 イ)意識面で心掛けていることは?

 ロ)実際の態度・言動は?

(問-4)あなたはお客様に対する「思いやり」=マナーは充分に備えていると思いますか?

 (持っている←10・9・8・7・6・5・4・3・2・1→不足)

・足りないと感じているマナーが有ったら具体的にお答え下さい。

(問-5)お客様の視点で、私たちの職場の雰囲気は明るく感じると思いますか?
 
 (明るい←10・9・8・7・6・5・4・3・2・1→暗い)

・その原因は何(どんなこと)にあると思いますか?具体的にお答え下さい。

(問-6)あなたが感じている職場の雰囲気は?

 (明るい←10・9・8・7・6・5・4・3・2・1→暗い)

・その原因は何(どんなこと)にあると思いますか?具体的にお答え下さい。

(問-7)あなたは職場の仲間や上司への「思いやり」は充分に弁えていると思いますか?

(弁えている←10・9・8・7・6・5・4・3・2・1→いない)

・不足していると思っている「思いやり」が有ったら具体的にお答え下さい。

(問-8)あなたは接客or接遇の仕事から、どんなことを身に付けたいですか?

・それは、具体的にどんなことですか?

・その理由は?

(問-9)接客接遇の仕事は普段の人との触合いに役立つことや自分の為になることがありますか?(有・無)

 (有)と答えた方はどんなことかを記入して下さい。

(問-10)仲間、上司、職場、会社へ、要望や希望など何かありますか?(有・無)
 
 (有)と答えた方は、いくつでも結構ですから具体的に記入して下さい。


※このアンケートの結果をどのようにまとめ、どのように知らせるかが大事です。

 集計結果をE.SやC.Sリスクアセスメントに活用することも可能です。

ブログパーツ



関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/638-2508b8f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック