接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  大切な人への思いやり診断-1.

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

思いやり診断-大切な人編-1.

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用 

思いやり-大切

注)此処での「大切な人」は、お客様・患者さん・ビジター・触合う相手を指します


おもてなしには≪思いやり≫のと言動、態度は欠かすことは出来ません。
そこで、大切な方への≪思いやり≫を思いやりの三要素「」「」「」に別け、もてなす際に大切と思われる
思いやり≫の項目別にまとめてみました。
≪思いやり≫は大変奥が深いことですが、おもてなしに必要な主なことを項目にしました。


◆「」の表現と意識ーその1

[採点]良く出来る◎・出来る〇・やや出来る△・出来ない×

※別な枠を作り、身に付ける必要ありは●、そのA~Dなどの優先順位を付けると効果的


1.のポジション

[ ]大切な方として認めて接していますか?
[ ]大切な方として、愛情を持ち接していますか?
[ ]大切な方として、共感し合うことをしていますか?
[ ]大切な方として、喜びや嬉しさの感情を共有し合うことが出来ますか?
[ ]大切な方との相互信頼の「絆」の創造を図っていますか?

2.感謝

*ポイント
=「ありがたい」の意識、「ありがとう」の意識と表現・伝達

[ ]大切な方への感謝で表現伝達
[ ]大切な方を意識した礼節のある言動と態度(キチンとお辞儀をする)
[ ]大切な方に伝わる挨拶を進んでする(ひと声含)
[ ]お蔭様の心で接し、話す(大切な方へ故)
[ ]会話のマナーを大切にし、言葉に心を込める
[ ]大切な方を立てた行動(通路の端を歩く)(謙譲)
[ ]大切な方に対し常に正面で応対する(お尻を向けない)
[ ]大切な方に感謝を進んで伝える(言葉・表情・態度)

3.お世話(親切さ)の心

*ポイント=大切な方の身になって 

[ ]大切な方が何を望んでいるかを素早くキャッチする
[ ]大切な方に要求や見返りを求めない(奉仕の精神の態度と言動)
[ ]優しく、包み込むような口調で話す
[ ]大切な方に目配り、気配り、心配りをする
[ ]大切な方の要望をいち早く察し応える
[ ]大切な方の目線で応対、会話する
[ ]大切な方の状況判断を的確に把握し、態度や行動に表す
[ ]大切な方の心理状態や態度に合わせた言動をする
[ ]お世話の姿勢、態度、表情で
[ ]素早く、丁寧な身配り、手配りをする
[ ]大切な方の目線の高さ、正面で応対、対処する
[ ]大切な方の心の位置を気遣う言動をし、態度をとる

4.立場転換の心

*ポイント=主は大切な方、常に大切な方の立場を考え大切な方の気持ちで

[ ]もし、自分が大切な方だったら、どう思うだろうと考えてから言動する
[ ]大切な方の立場で接する(自分の立場で接しない)
[ ]大切な方の状況を把握する
[ ]大切な方が喜び嬉しがることを進んでする
[ ]大切な方の立場で話をしたり、聞いたりする
[ ]大切な方の状況判断を的確にし、次の対処をする
[ ]大切な方の状態を何故の心で見る
[ ]大切な方と喜び、感動を共有する
[ ]こちらの事情で絶対に接しない
[ ]感情的な言動や態度をとらない

備考

このチェックリストは、全又は個々のスキルアップミーティングのテーマや課題の設定にもお使い頂ける他、
此処のところ多めに載せている各種アンケートにも活用出来ます。

「接客マナーは心の礎」では、各職場やお店の成長の為の「個性」を自ら考えて頂く為の、
数々の切り口や手法のヒントなど、今後も載せて参ります。

現在までの記事には、隠された使い方や工夫が出来る内容が多くあります。
読者の皆さんが、夫々が独自のブランドのある職場やお店を作る為の参考にされて下さい。


ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/639-7b3bb90a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック