接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  大切な人への思いやり診断-4.

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

思いやり診断-大切な人編 -4

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

思いやり-大切

思いやり≫を表し、伝えるための「」と「」-2

おもてなしにはを伝える為の術力と表現力=マナーが不可欠です。

◆チェック項目「」と「」-2
 (術力と表現伝達力)

3.挨拶・姿勢態度の「」と言動「  
*ポイント=大切な方や相手に表し、伝わる

[ ]大切な方への「おもてなしのスタートは挨拶」からと言うことを認識し、先んじてこちらから挨拶する
[ ]大切な方に自然な表情(柔和・笑顔)でアイ(愛)コンタクトし、その場に合った適切な姿勢でお辞儀、言葉でする
[ ]大切な方に伝わる挨拶をする
[ ]季節、天候、時間と場所に合わせた言葉で挨拶をする
[ ]大切な方の状況に合わせた態度で挨拶する
[ ]お辞儀は目礼、黙礼、会釈、普通礼で挨拶をする
[ ]分離礼、同時礼を状況に合わせて用いた挨拶をする
[ ]歩行は肩を揺らさず静かにする
[ ]背筋を伸ばし、キビキビ、テキパキとした態度、動作をする
[ ]常に傾聴、拝聴する姿勢態度をとる
[ ]大切な方の状況、立場を弁えた聞き方、立ち方、静止をする

4.安感の「」と言動「  
*ポイント=あらゆる角度から「不」の解消をする為に「不」の要素を見つけ出す

[ ]優しい親しみのある表情で応対、行動する
[ ]大切な方の気持ち察した態度、言動をする
[ ]大切な方や相手に好き嫌いやその場の感情で接しない
[ ]大切な方や相手に依頼されたことは間違いなく行う
[ ]大切な方や相手に安を与える為の正確で豊富な情報、知識を持つ
[ ]大切な方や相手に寛容さ(包容力)を持ち接する
[ ]大切な方や相手に節度(けじめ)のある言動をする
[ ]大切な方や相手に誠実な言動、態度で接する
[ ]適切な状況判断と共に、大切な方や相手の様々な不安要因を取り除く
[ ]外見や身なりや性別で差をつけない
[ ]大切な方や相手に対し、憶測や先入観を持たない
[ ]様々な「不」の解消(不安・不満・不潔・不行き届き・不手際・不公平・不備他)
[ ]場合によっては自らを犠牲にして大切な方や相手を守る

5.察知する「技」と言動「 
*ポイント=自発的に言動し、五配りを徹底する

[ ]出入口から全ての場所の隅々まで、見て回り目配りを進んでする
[ ]大切な方や相手に気配りの言葉と行動で接する
[ ]大切な方や相手に配りの言動、態度で接する
[ ]大切な方や相手に対し、常に立場転換意識を持ち言動する
[ ]大切な方や相手の仕草に注意を払う
[ ]大切な方や相手をよく観察し、状況を察知する為に適度な巡回をする
[ ]大切な方への言葉、態度共に落着きを失わない(忙しなくならない)
[ ]その時、その場に合わせた手配り、身配りの行動をする
[ ]必要な物をいち早く察知し、手早く届ける(スピード)

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/642-fc2b5814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック