接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  言葉の伝達と用途を知る(言葉づかい)

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

あなたの心を伝える言葉とその用途

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

イ)~タ)の言葉を伝達意図のA.B.C.と使い方(用途)10~20に当て嵌めてみて下さい。

◇種類(主な言葉を載せてみました。下記以外の言葉も当て嵌めてみて下さい) 

イ)「申し訳ございません」

ロ)「誠に、申し訳ございません」

ハ)「ご心配をおかけし、大変申し訳ございません」

ニ)「ありがとうございます」

ホ)「恐れ入ります」

へ)「お気遣い、有難いです」

ト)「いつもお世話になっております」

チ)「失礼いたします」

リ)「とんでもございません」

ル)「お気遣い、有難う御座います」

オ)「素早いご返答(御対応・御処理)誠に有難う御座います」

ワ)「わざわざお電話頂戴いたしまして、有難う御座いました(有難う御座います)」

カ)「お忙しい中、貴重なお時間を割いて頂き、有難う御座いました」

ヨ)「先日はわざわざ、御足労頂き、有難う御座いました」

タ)「先日はお食事に御一緒させて頂き、楽しいひと時を過ごすことが出来ました。本当に有難う御座いました。
  心から御礼申し上げます。」

伝達

A.伝えて当たり前、伝えないと不信感を与えてしまう言葉

B.伝えないで普通、伝えれば好感や好印象を与える言葉

C.思いやり感謝を伝える言葉

◆使い方(用途)

1. 約束を破棄したり、果たせなかったりした時

2. 遅刻、当日欠勤をした時

3. 電話・FAX・メール・報告などの伝達が期限を過ぎてしまった時

4. 間違いがあった時

5. 不手際があった時

6. クレーム、手違い、不行き届きがあった時

7. 依頼された事が出来なかったりした時

8. 物や何かをプレゼントされた時や頂戴した時

9. 心配をかけてしまった時

10. 示唆やアドバイスされ時

11. 心遣い、気遣いされた時

12. 相談にのってもらった時

13. 何かを教えてもらった時

14. 親切にされた時やお世話になった時

15. 人を紹介してもらった時

16. 電話・FAX・メールをする必要が生じた際、日数や時間が経過してしまった時

17. 相手に要らぬ気遣い、労力や時間を使わせてしまった時

18. お客様や相手方の要望に応えられない時

19. お客様や相手の方から電話させてしまった時

20. 電話が途中で、切れてしまった時

【注】感謝を表すための「すみません(すいません)」の言葉は、曖昧な表現なので使わないほうが懸命です。

ブログパーツ

関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/657-ac1ae7d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック