接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  「ありがとう」のひと言の重さを見直す-1

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

「ありがとう御座います」のひと言に心を込めて

お薦め度【★★★☆☆】物販店・飲食店用

或る時、スーパーマーケットのレジで会計をする際のことでした。

買い物の集計が終り、レジ係の方が私にレシートを渡しながら真面目な顔でレジに向かい、早口で

「ありがとうございました。また起こし下さいませ。」とマニュアル通りの接客用語を喋っていました。

その時、先ず人間が話すのではなく、まるで接客ロボットがテープで話しているように感じました。

そして、口先だけで感謝の心の無さを痛感しました。

また、同時にマニュアルの間違った使い方をしていることを遺憾に思いました。

極端な表現ですが、スーパーのレジはお店とお客様の一度限りの人間的な触合いの機会です。

その触合いの機会を大切にすることに依って、リピーター常連客を作り出します。

デフレで、お店としては商品の価格や広告に先に目が行ってしまうのは仕方がないことです。

しかし、お店で働く人達の笑顔や挙動も商品だということを決して忘れてはならないのです。

因みにこのスーパーでは商品配置や陳列に一生懸命で、通路のど真ん中をお店スタッフが歩き、

お客様が通路の端を歩いていました。

通路や入口ですれ違うお客様に対しても、「いらっしゃいませ」の言葉もありませんでした。

店側では安価な商品提供が大事で、そのことでお客様を掴めると考えているのかも知れません。

このスーパーに限らず、言えばいいだけ、言わなきゃいけない接客用語が氾濫しています。

そのような言葉の使い方をする殆どの人は

「忙しいから、一々心を込めて言っていられない。」
「言うのが決まりだから。」 
マニュアルに書いてあるから。」

と言われるでしょう。

何故、口先だけで感謝の心の無いと感じるのでしょうか?

その原因となっていることは

イ)マニュアルの弊害⇒マニュアルどおりすれば良い

ロ)形ばかり先行して、言葉の心の認識不足

ハ)目的意識の伝達不足

ニ)お店側の目線が強く顧客目線不足

ホ)接客に対する認識不足⇒接客も商品


以上のようなことがあるのでないかと考えます。

心を込めた「ありがとうございます」ひと言と、白い歯が見られる明るい笑顔はレジ係の必須条件です。

もう一度、自店舗の感謝を伝え表す「ありがとう」のひと言の重さを見直してみましょう。

ブログパーツ



    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/676-dff468a5
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック