接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  苦情(クレーム)処理の知識

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

Nippon人の【心の礎】それは人を想い・思う気持ち“思いやり”。そして「和」「おもてなし」の『心』。
2018新ロゴL

御訪問ありがとうございます。このサイトを御覧戴く皆様へ。

過去九年間に書いた三千近くの投稿が載ってます。記事右横のカテゴリー項目ですと記事が見つけ易いです。
人の「心」は,顔と同様に一人ひとり異なります。心の形・器の大小・感じ方・理解度も人様々だと思います。
こちらに載せてある「人の心や人間関係関連」の内容は,読む個々人に見合った項目や内容を選びお読み下さい。


ハート無題1s #思いやり ってどんなこと?ハート無題1s


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

大切なお客様からの苦情(クレーム)処理

 お客様を思い遣る心と冷静さがポイントです。

◆苦情(クレーム)とは

  ①サービスがお客様の期待に答えられなかった時発生するもの

  ②原因が外にあっても、接客サービス担当者に真っ先に伝えられるもの

  ③処理の仕方次第では、苦情客をお店の固定客、サービス担当者のファンに変えることのできるもの

□苦情(クレーム)処理の基本・心構え

 1. まず、お詫びをする

  起こってしまったことに対して、弁解したり口論している暇はありません。
 
  高ぶっているお客様の気持ちを鎮めることが第一です。
 
  「大変申し訳ありません」と率直に心からのお詫びのお辞儀をすることです。

 2. 冷静に対処する

  お客様の感情につられて、こちらまで感情的になってしまうのは賢くありません。

  お客様は言うだけいってしまえば腹の虫は納まるのです。

  お客様の言い分をすべて吐き出させてしまうのがプロのやり方なのです。

  話しを途中でさえぎったりせず、最後まで誠意を持って聴く姿勢、態度が大切です。

 3. 責任者に速やかに報告する
 
  自分だけで処理するようなムリは必要ありません。
  
  何をさて置いても誠実にお詫びをし、話しを一通り聴くことです。
 
  こうしてお客様の気持ちを和らげるよう努力をした後は、ただちに上司(責任者)に連絡して指示を仰ぐか、
 
  引き継ぐようにします。苦情の解決に、スピードは欠かせないのです。

〇苦情(クレーム)処理の3変の原則

 1. 人を変える … 上司・責任者と交代する

 2. 場所を変える … お客様のいる場所からオフィスなどへ移る
 
 3. 時を変える … 後日改めて訪問処理する

  担当者が苦情をよく聴き、丁寧にお詫びをしているにもかかわらず、
  
  納得が得られない場合は人、場所、時を変えることが効果的とされています。

  雰囲気が変われば、お客様の気持ちが鎮まることがあるからです。

  こうした行動を、誠意のこもった態度ですることがなにより大切です。

★苦情(クレーム)はサービス向上に役立つ情報

  苦情(クレーム)はお客様から寄せられた貴重な情報…。こんなふうにも捉えることができます。

  それは、お店が提供している料理や接客サービスへの評価であるとともに、問題点を指摘し、

  改善のニーズを示してくれています。

  お客様の声を謙虚に受け止め、その後のサービスに生かしていく意欲こそ必要なのです。

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/68-eb849947
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。