接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  新人時代に雑用や作業をする目的を知る

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

新人雑用作業をさせるのは、何の為のオーディション?

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

四月に入った新しい社員やスタッフもそろそろ職場に慣れてきた頃だと思います。

新人のうちは、単純作業や簡単なこと、雑用をさせられて、何故このようなことをしているのかと

疑問に感じている新人の方も多いと思われます。

私も仕事を始めたばかりの新人時代を思い返してみると、どうして新人は、接客に関係のないトイレ掃除や

色々な雑用ばかりさせられるのだろうと思い悩んだ時期がありました。

そこで下記のようなチェックシートで、自らを省みて診るのは如何でしょうか。


【問】細々とした仕事、雑用をあなた自身は、どう考え、どう取組んでいますか?

(人の嫌がる雑用、汚れる作業、誰にでも出来些細なこと、雑用、細かな作業や仕事について)

以下の質問の答えを、(はい・いいえ)で自己チェックしてみて下さい。

問-1.適当すればいいと思いますか?

問-2.自ら進んで行いますか?

問-3.誰かと一緒だったらしますか?

問-4.嫌だと思っても顔や態度に出さず、黙々としますか?

問-5.行えば自分の評価が上がるかも知れないからと考えて行いますか?

問-6.何とか自分に回って来ないように、仕組みや方法を考えますか?

問-7.コンディションや体調の悪い人に回りそうになったら、自ら挙手して行いますか?

問-8.人のためになるならと考えて行いますか?

問-9.場の空気を見てするか、しないか考えますか?

問-10.出来ることなら、したくないと思いますか?

問-11.自分の仕事ではなく、他の人の仕事だと思っていませんか?

問-12.出来るなら、自分ばかりに頼んで欲しくないと思っていませんか?

問-13.何故自分に頼んでくるのだろうと思うことがありますか?

問-14.自分に回ってきそうになったら言い訳を考えますか?

問-15.出来る限り、頼まれても断りたい、行いたくないと思っていますか?

問-16.自分じゃなくて、違う人に頼んで欲しいと思っていますか?

問-17.時間をかけたくないし、面倒だから、手を抜いたりしますか?

問-18.一所懸命、一生懸命に行っていますか?

問-19.丁寧に、意志を持ち、責任と楽しさを感じながら行っていますか?

問-20.雑用や作業の仕事を何故させるのか、考えた上で行っていますか?

問-21.雑用や作業の仕事の目的を知るための活動を行っていますか?


質問の答は、この下の≪続きを読む≫にあります。

又、人の嫌がる雑用、汚れる作業、誰にでも出来る些細なこと、細かな雑用や作業や仕事の目的を、
自分考えた上でこの下の≪続きを読む≫の[目的]を御覧下さい。
ブログパーツ
    解答

    (はい)=問-2.4.7.8.13.18.19.20.21.

    (いいえ) =問-1.3.5.6.9.10.11.12.1415.16.17.


    [目的]

    人の嫌がる雑用、汚れる作業、誰にでも出来る些細なこと、細かな雑用作業の仕事をするのは、

    実はサービス業従事者としの適性、あなた自身が認められるためのオーディションと考えてみると

    以外と楽しみながら出来るかも知れません。

    このようなことをさせているのは、あなたを一人の社会人、会社や職場の一員、サービス業従事者として

    認められるか、信用できるか、信頼出来るか、否かを見るためにさせているのです。

    又、細々とした仕事、雑用をすることは会社や上司、仲間から認められる為やサービス業の適正を

    みるだけではありません。

    サービス業の大切な精神である、自らのことは後回しにして、常に相手を中心に考える黒子の心、

    何かしたからといって見返りを求めないと奉仕の精神、相手の為に自分の出来る限りのことをする

    自己犠牲の精神と言動が身に付けられるのです。

    言い換えれば、ホスピタリティの精神、おもてなしの心と態度を身に着けるためとも言えます。

    そうして、自ら、どんなことにも進んで対応、対処出来る能力も身に着くのです。


    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/715-87f8e25a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック