接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  やる気度をチェックする

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

自らを指差し、やる気度をチェックする(モチベーションU.P)

お薦め度【★★★★】全業種・業態用(医療介護関連業種を除く)
やる気が起きる要素と妨げる要因を見つけ出し、今後の仕事や生活に生かしましょう。

[チェック方法]

やる気が起きる要素だと思う項目に【〇】妨げる要因だと思う項目に【×】を付けます。
次に自分に当て嵌まる項目を選び項目№に✓を入れます。
最後に現時点で自分に出来ることをA、自らの努力目標B.として[ ]内に記入します。


1. 【〇・×】[ ]好きな仕事職務が出来ている
2. 【〇・×】[ ]自分の力に合った仕事をしている
3. 【〇・×】[ ]これからの自分の先が読めていない
4. 【〇・×】[ ]自らの能力を過信している(自分を知らない)
5. 【〇・×】[ ]最初から、やっても無駄だと諦めている
6. 【〇・×】[ ]自分の意志や方針に合った仕事をしている
7. 【〇・×】[ ]自分の経験を活かせる仕事をしている
8. 【〇・×】[ ]納得できる仕事職務をしている
9. 【〇・×】[ ]仕事・職務が面白く、楽しめている
10. 【〇・×】[ ]勝手の解かる仕事をしている
11. 【〇・×】[ ]仕事・職務に誇りを持ち取組んでいる
12. 【〇・×】[ ]仕事・職務は自分の心の成長の為になることが多い
13. 【〇・×】[ ]結果や成果を喜んでくれる人が少しでも居る
14. 【〇・×】[ ]仕事を通して、自分の考え方や発想を表現出来ている
15. 【〇・×】[ ]仕事・職務の中で個性が発揮出来ている
16. 【〇・×】[ ]やれば”出来る” ”やれる”という信念がある
17. 【〇・×】[ ]自分自身で内容を深く考えられる仕事をしている
18. 【〇・×】[ ]仕事でのプレッシャーを自分自身でコントロールしている
19. 【〇・×】[ ]仕事は自分自身の大切な一部である
20. 【〇・×】[ ]今の仕事に自分を合わせられる
21. 【〇・×】[ ]自分の仕事が周りから評価されている
22. 【〇・×】[ ]仕事を進める上で主導権を持っている
23. 【〇・×】[ ]アイデアを提案、実践している
24. 【〇・×】[ ]期待された成果を出している
25. 【〇・×】[ ]現在の仕事・職務を誰にでも自慢出来る
26. 【〇・×】[ ]今の仕事・職務は社会的に重要な仕事だと認識出来ている
27. 【〇・×】[ ]自らが成長、向上している実感が持てない
28. 【〇・×】[ ]周りの目を気にせず、仕事が出来ている
29. 【〇・×】[ ]仲間と協力、協調し合って仕事・職務が出来る
30. 【〇・×】[ ]職場の上司や仲間から信用、信頼されている
31. 【〇・×】[ ]職場の上司や仲間から期待されている
32. 【〇・×】[ ]達成感、幸福感を共有できる人がいない
33. 【〇・×】[ ]仕事の進め方などを、不適切な者が主導している
34. 【〇・×】[ ]人間関係が円滑な職場で働いている
35. 【〇・×】[ ]上司との関係が良い職場で働いている
36. 【〇・×】[ ]設備や立地条件のオフィス環境が整った職場で働いている
37. 【〇・×】[ ]安定した組織で仕事が出来ている
38. 【〇・×】[ ]従うべきルールやマニュアルなどで手順が明確になっている
39. 【〇・×】[ ]仕事・職務の中で自分の意思や感じ方を主張出来ている
40. 【〇・×】[ ]仕事・職務に対する刺激が感じられない
41. 【〇・×】[ ]何のための仕事なのか、その目的、価値を見出せない
42. 【〇・×】[ ]仕事仲間との交流を楽しめている
43. 【〇・×】[ ]仲間に目標、計画を知らせた上でチャレンジする(有言実行・言行一致)
44. 【〇・×】[ ]仕事の目標をねばり強く達成している
45. 【〇・×】[ ]勤務時間を超過しても自分の仕事をやり遂げられる環境がある
46. 【〇・×】[ ]人間関係が円滑な職場で働ける
47. 【〇・×】[ ]家族や親しい友人が自分の仕事・職務を理解してくれている
48. 【〇・×】[ ]個性を充分に発揮出来ない(自己顕示ができない)
49. 【〇・×】[ ]仕事やサービスの基準が明確である
50. 【〇・×】[ ]周囲が自分の存在や価値を認めてくれない
51. 【〇・×】[ ]個別の課題、目標が明確でありフォローしてくれる体制もある
52. 【〇・×】[ ]休日、休暇が自由に取れる
53. 【〇・×】[ ]会社に明確な理念、ビジョン、目標があり共感出来ている
54. 【〇・×】[ ]会社の労働条件が充分である
55. 【〇・×】[ ]個人的な悩みやが仕事や人間関係に関する不満ある
56. 【〇・×】[ ]自分に何らかのご褒美が出せる
57. 【〇・×】[ ]自らを振り返る時間を持てる余裕(ゆとり)がある
58. 【〇・×】[ ]コメントやメモのある目標設定が細かく出来ている
59. 【〇・×】[ ]自分の虎の巻がある
60. 【〇・×】[ ]仕事上の障害を乗り越えられるバックボーンがある


以上のような項目で自らを指差すことは、「人源力」を身に着けることになります。
人源力」(当て字ですが)については、後日説明します。
周囲の人や環境、自らの立場を冷静に見つめるために、先ず「自分を指差す」ことが何よりも大切です

ブログパーツ


    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/729-ff0b74f7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック