#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 社内研修講師の育成-1 (環境・目的)

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

共に学び、共に育つ!

 「社内研修講師」育成の手引き-1



(店舗、社内で育成担当者・講師を育てる=職場内講師)

お薦め度【★★★★】全業種・業態用

社内研修講師育成

貴重な時間とお金を使い色々なセミナーや研修に参加しても、
一ヶ月もすると学んだ内容の6~7割は忘れてしまうとことを多く見聞きし、体験もしました。
同時に、日々の仕事に追われて、折角研修で身に着けたことも怠りがちになる場合もあります。

社内研修講師制度導入により、現場リーダーや管理監督職の人材育成や接客への取組み姿勢や
職場の雰囲気が大きく変化する姿を目にしてきました。

また、アルバイトスタッフからは、「自分が実際に教える立場になったことで、社員を理解出来た」
と言った声も耳にしてきました。

この社内研修講師育成制度は、接客接遇の心と表現する形(マナー)を基礎から学べる内容なので、
学び、覚えたことの応用、対応力が身に着けられます。


 ◆社内講師の育成

次のような職場環境や人材(人財)育成に適しています。

1. 楽しみながら仕事の出来る職場にしたい
2. 研修内容を継続させたい
3. 接客接遇ブランドを確立したい
4. 研修する時間が多く取れない(短期間で研修内容を身に着けさせたい)
5. 全員一同に集めた研修が出来ない

6. 研修経費を抑えたい
7. アルバイト、社員、役職別に研修がしたい
8. 部署毎に研修がしたい
9. 全員同じ目線や意識で仕事に取組ませたい
10. 仲間に伝達することにより仲間意識を高めたい

11. 風通しの良い職場にしたい
12. 各人の仕事に対する自覚を促したい
13. モチベーションアップを図りたい
14. P.D.C.A.のサイクルを身に着けさせ、計画性のある仕事をさせたい
15. 目標や課題をみんなで協力して考えさせ、6W3Hで実際に行わせたい

16. 今の自分自身を指差し、見つめさせたい
17. 職場の仲間から学ぶことを通して、楽しみながら接客接遇力を身に着けられる
18. 仕事を通して職務上必要な知識や人としての大切なことや心を知らしめたい
19. 身の丈に合わせた無駄のない内容で、充実した研修がしたい
20. 離職率を下げたい

〇目的

1. 各人の接客接遇に関する意識の植付け

2. 接客接遇に対する各人の取組み姿勢の向上

3. お客様や仲間、部下を大切な人と認識させたい

4. 接客接遇ルールの徹底(基準が出来、マニュアル・テキストの元になる)

5. 顧客に対しての接客接遇力のレベルアップ

6. 店舗、スタッフに合わせたマナーの心と技の修得

7. 一人ひとりが学ぶことにより、研修内容の理解度アップ

8. 積極的に、C.S.への取組み姿勢を持たせたい

9. チームワークの強化

10.職場の様々な土壌の醸成


社内講師の育成-2.につづく

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/733-ce57e801
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック