#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「信頼」と「人源力」

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

信頼を築き、を創る「人源力

お薦め度【★★★★】全業種・業態用

情報が満ち溢れた現代に於いて、先ず優先しなければならないことは、

信頼される人創り」=「人源力であると考えます。

また、これからの少子高齢化時代の生活の場や社会、職場においては、一人ひとりが
人としての「人源力」を育み、「信頼」を築いて行くことも大切なことです。
ともすれば、個々の人々が外見や表面上を飾ったり、磨いたり、スキルや資格の取得などに
捕らわれがちな今日此の頃です。
だからと言って、表面上の自分磨きや資格などの修得を否定しているわけではありません。

多くの方々と触合う場や接客・接遇の場に於いても、表面上の形だけで『心』の感じないマナー
マニュアル通りで作業的に感じるに応対になりつつあると考えられます。

形だけ、形あるものは、ある一時期は出来ていても、時の経過や慣れで崩れてしまいます。

先ず、マナーの形を身に付け、現し伝える技を磨き、身体を美しくすると共に、人としての「信頼
を築くことを決して怠らないようにすることです。

人としての信頼関係は、表面上の仲良しや明るく振舞ったり、心を開いたりするだけで
築かれることではありません。

信頼は、先ず相手を認め、相手を思いやる心と態度、誠実さ、厳しさ、自らを指差し、
他人を批判しない、相手の大切を大切にすることなどの様々な心の触合いの積み重ね、
日々の言動や態度の積み重ねによって、お互いの心の中に少しずつ築かれるものです。

「信頼」は相手の行動の結果が、自らの予測の範囲内にあることです。
依って相手の行動の善し悪しに係わらず、予測、予想出来れば「信頼」は成立ちます。

逆に、予想が出来ず、予測不能な行動を取る人は相手の立場や人間性に係わらず
「信頼」が出来ない人と言え成り立ちません。

◆「信頼」を要約すると
1. 信頼した結果が得られなくてもその責任を自分に求めることが出来る状態
2. 小さな信用の積み重ねが大きな信用となり、信頼が生まれる
3. 築くのは大変な時間と労力を要するが、一瞬にして失う
4. 相手が喜んでくれ、優しく温かな気持ちを持って貰うことも前提
5. 陰日なたの無い、努力精進と相手への思いやりの心と言動から生まれる
6. いつでも感謝の心の伝達が出来る
7. 思いやりの心で人と触合い、思いやりの伝達出来ること
8. 誠実であること(言行一致)
9. 人を大切に出来ること(立場転換意識で触合う・相手を守れる)
10. 奉仕の精神で何事も行えること(何事に対しても見返りを求めない.計算しない言動が出来る)
11. 常に自らを省み、自制すること
12. 陰日なたなく自己啓発(己を磨く)すること
13. 確固たる信念と豊かな知識を持ち、現実として生かし行動出来ること
14. 周りの人々に安心感を与えられること
15. 一方的で無条件に信用していること
16. 受け入れていること
17. 許していること
18. 依存するところに根ざしていること・・・等々です。

思いやりおもてなしは、信頼のを創るためであり、人源力の源と意識しておくことです。

余談になりますが、信じて頼るという意味で似たような言葉として「依存」があります。
「信頼」は「信じること」に重きを置き「依存」は「頼ること」に重きを置いています。
依存は自発性のことですが信頼は意識して作ることではなく、自然に芽生えることです。

様々なスポーツなどのチームはお互いの信頼関係があってこそ成り立つと言われています。
その信頼関係を支えているのが、個人個人の役割自覚と役割遂行です。

また、たった一人の心無い言動、軽率な行動でチーム全体の信頼を失う場合もあります。
信頼を築くために計り知れなく、とてつもない長い時間を要し、労力を費やしていることを、
常に強く認識しておきましょう。

みんなで築いた信頼のは一人ひとりの為であり、みんなの為でもあるのです。

互いの信頼のによって結ばれた日常生活、お客様とお店、個人と組織などあらゆる場で
必要とされる「信頼」はとてつもなく大きく、奥深い、深イイ言葉です。


    ブログパーツ

    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/743-f82ca1aa
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック