#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「人源力」の礎、P.D.を作る

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

P.D.(パーソナル・データ) の作成、目的と活用法

お薦め度【★★★☆☆】全業種・業態用

この社会情況の中でも成長し続けている外食産業や様々な企業は、
どのような状況下でも対応対処出来る「人間力」言い換えれば、「人源力」を重視しています。

利益が無くて店舗や会社は維持できませんし成長にも大切ですがともすると目の前の数字や、
目に見える形=商品、心の伴わない形(マニュアル)だけの接客に捉われてしまいがちです。

しかし、形や数字は「人」が作り上げるものである以上、「人」を企業や店舗の「源」と捉え、
取組むこと、即ち、「人源力」のレベルアップが重要であると再認識する必要があります。

人源力」のレベルアップするために、個々の人間を大切にし、育むためにも各人の成長記録、
個人面談、相談などの内容をP.D.(パーソナル・データ)にすると共に、一人ひとりの個性や
資質・スキルなどを確りと捉え分析して置くことです。

要約すると、「人源力」を育むには、経営側が働く人々を労力と考えるだけでなく、個人個人を
一人の大切な人と捉え確りと見つめると共に心のサポートと行き届いた人事育成管理をすることです。


Ⅰ.P.D.の必要性 (作成意図)

1. 育成や実績推移の明確な認識、把握。
2. 育成、指導内容の継続⇔与えた課題や会話の内容の詳細を忘れることがある。
 こちらが忘れていても聞いた本人=部下(相手)は僅かなことでも忘れていない。
 (人間である以上忘れる事が多いのは仕方がないが、少しのズレが大切な部下からの
 信頼を失う元になることにも成り兼ねないと意識すること。)
3. 均一的な教育では、個々の持つ個性や特性を伸ばす人材育成が出来ない。
 →個人へのマーケティングの必要性⇔個人に合わせた教育の必要性が生まれる。
 (キャラクター資質分析、個性、長所・短所などを個別に記録)
4. 指導者が育成する時間が取れない。(短時間でポイントを伝達出来る)
5. 定期的指導、診断の徹底。
6. 各人が持つ職能スキルの明確な掌握ができる。
7. 評価システム作りの材料になる。
8. 適切な指針や育成計画を育成対象者別に持てる。
9. 離職率の低下⇒定着率の強化⇔人財として伸ばす
10. 職務に対する意識向上を図るため⇔職責の明確化

Ⅱ.P.D.の目的

1. 人的効率化を図り企業躍進の源とする。➡人源力
2. 各人の会社、職務に対する意識向上⇔仕事が自らの成長にも繋がる⇔会社上司の魅力
3. 指導者、育成対象者に育成目標とビジョンを持たせる。
4. 指導者に育成対象者夫々の個別能力を理解させる。
5. 育成対象者に自己保有能力を認識させる。
6. 自己保有能力分析による各人の自覚を持たせる⇔指導者、育成対象者
7. 人材不足の解消手段⇔個別のスキルアップによる職務の効率化。
8. 効率的な職務を行える。
9. 楽しんで仕事に取組む姿勢、意識を持たせる。
10. 職能基準書(職能要件書)の基にもなる。

Ⅲ.P.D.作成活用後の成果予測

1. 社員と監督、管理者のスキルアップ(職能・人間性・目的目標意識)
2. 社員の固定化、魅力のある会社、人間的魅力のある幹部育成が出来る
3. 社員と管理者、会社の絆が強くなる(対象者に対し真剣に考える意識が生まれる)
4. 育成対象者のモチベーション向上(キラキラ輝いた目で仕事にチャレンジするスタッフ)
5. 自主的に仕事に楽しく取り組めるスタッフ育成(育成が柱、データ管理はサポート)
6. 育成対象者のマーケティングにより個人の能力に合わせた適切な育成が出来る。
7. 指導やコーチングの時間を作るのは大変でも、後で自分の仕事を楽にする。
8. 仕事や職務意識に対して、やる気の誘因、動因が生まれる。
9. 認め合う環境作り(同僚・直属上司・上司・会社)朝終礼やミーティング・会議の場
10. 成長する会社として、個々の能力を活かせる大切な人財の増加が見込める。


[参照] パーソナル・データの作り方=P.D. 
P.D. ( J.S.F )構成内容 [1]P.D. ( J.S.F )構成内容[6] 



    ブログパーツ

    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/751-198456fd
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック