FC2ブログ
avatar image

新「二分の一の法則」

「人と心を動かす、二分の一の法則」-新

お薦め度【★★★★】全業種・業態用

社会生活での多くの人々との出会いを始め、お客様、職場の上司・仲間と言った人々との触合いから
実感し、感じたことを私見ですが二分の一の法則と名付けました。
接客業に携わりながら、お客様に感動や余韻を与えるポジティブなこと、不愉快な思いや不快感、
不信感などを与えてしまったネガティブなことなどの体験を振り返ってみると、
殆どのことがこの二分の一の法則に当て嵌まります。
似たような意味表す諺や言葉として、

「情けは、人の為ならず」

「自ら動いてこそ、人も動く」


と言う、言葉もあります。
この言葉や諺も、「二分の一の法則」類似した内容と考えております。

プライベートでの様々な場面での数々の人とのお付き合いをする上で、仕事を行う上で、
触れ合う人々から良くされ、親切にされ、愛されるのも、悪口や陰口を言われ
意地悪(イジメ)を受けるのも、二分の一、即ち半分は己の力であり、自分自身の意識、言動や
態度が触れ合う相手にそのような言動、態度、意識にさせていると考えてみることです。。
相手にされる要素、要因、動因、誘因、起因の半分は自分の心や言動の中にあると考えることです。

例えば、今までとても優しくしてくれた人が、急に冷たくなったら「何故の心」で思考することです。
キッとあなた自身にそのようにさせる元となる何らかの言動があったのではないか?
と振り返ってみる癖を付けることです。

接客接遇上、仕事上、日常社会生活の場で、相手がしたことを批評や批判をしたり、
責めたてたり、けなしたりする前に、必ず自分を振り返ることを怠らないようにすることです。
そうすると人とお付き合いする上でも、仕事上でも、良い結果に結びつくことが多いと思います。

要約すると、自分自身のしたことで良くも悪しくも、人から何らかの反応や言動があった際に、必ず
[自らを省みる] ⇔ [自分を指差してみる] ことです。
お店や会社の場合は
[自店舗・自社を省みる] ⇔ [自店の接客・接遇、自店舗の商品を全て指差してみる] ことです。

善きにつけ、悪しきにつけ、触れ合う周りの人やお客様から何らかの意思表示や言動があった場合、
自分や自店舗が相手やお客様に、そのようにさせる原因があり、要素を作っていると考えてみる癖
をつけることは、生活していく上ばかりか、接客接遇の仕事上でも必要、不可欠なことです。

この機会に、この「二分の一の法則」に照らし合わせて自店舗(自社)の「人」と「もの」の
リスクアセスメントを行い、見直すことも大切なことですので、お勧めします。

普段の生活で、心の許せる親しい友が出来ない、友人がいない、恋人がいない、
周りの人や仲間から冷たくされる、お客様商売では、顧客数が減少したり、
今まで定期的にお見えにらなったお客様が来ない、リピーターが少ない、
残し物が多いなどの原因を見つけ出すためにも、自店(自社)を振返り、
見直すことは怠ってはならない大切なことです。

二分の一の法則」を確り、弁えておくことは、
                   日常生活や仕事を含めたあらゆる場で役立ちます。


※この法則は、今迄の人生での数多くの体験を元に私なりに定めた独自の「法則」です。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
    Theme: 自己啓発 | Genre: ビジネス

    Comment

    Leave a Reply





    管理者にだけ表示を許可する

    Trackback