#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 挨拶の役割を知り、挨拶力を見直す。

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

挨拶の大切さ、役割を再認識する

お薦め度【★★★★】全業種・業態用

挨拶について、戦後から時代の流れに沿って振り返ってみることにします。

20世紀後半位迄は、親兄弟は勿論のこと、親戚間や隣近所、職場の人や仲間と言った人同士で、
何かにつけ協力し、助け合う親しい間柄で在りたい思う人が多かったように感じます。

ところが、昭和20年後半以降に生また人の大多数にみられるのは、前記したような深い人間関係
は煩わしく、差しさわりのない程度に付き合うのがいいと思う人が多いように感じます。

同時に、「人は人、自分は自分」といったような考え方をする人も増加しているとも思います。

このことは都市型の共同住宅・団地、マンションのように、同じエリアに住んでいても、
他人のことは干渉しなし、自分達のことも干渉して欲しくないという風潮となって表れています。
同じエリアに住んでいても、互いに挨拶を交わす機会も少なくなっているのが現状です。
このような時代の変化と世代による意識の変化は、「人と人との潤滑油」であり
おもてなしの始まり」である≪挨拶≫を、自ら進んでしない人の増加と相互に影響し合い、
日本人の「人間力」を希薄なものにしている要因の一つのように感じます。

また、大きな組織や官公庁になればなるほど、同じ社名のI.D.を付けている職員・社員同士でも
面識のない人とは挨拶を交わさない場合や、同じ部署に勤務していても、自ら進んで≪挨拶≫を
行わない傾向が強いのではないかと思われます。

会社(カンパニー)の語彙は、人々(同じ目的を持った)が集う場所、集団、仲間とあります。
よって会社の一員として、人間としても≪挨拶≫の果たす役割は大切で大きいと認識すべきです。

外部から見た場合でも、社員同士の挨拶がきちんとしている組織や会社は信用されます。

人々が何らかの目的や目標を持ち集う場で、面識の有無に関わらず、直にその目的に関する話題を
始めることはまずありません。
人との触合いに於いて、最初に互いの姿を確認した際、仕草や言葉を用い、
互いの存在を認めたと分かる態度・行動(印)をします。

手を振ったり挙げたり、アイコンタクトしたり、お辞儀や黙礼をしたり、柔和表情や笑顔になったり、
目と目で合図したり、「やぁ」のひと声=ひと言をかけたリ、ホディアクションなど。


一身体程度の距離に近づき、接近して話し始める際も、特定の仕草や態度、言葉で
お互いに会話やお喋りをしはじめます。

このような一連の仕草・態度・言葉を総称し≪挨拶≫と言い、その能力を≪挨拶力≫と言います。

挨拶力を修得することは大切な人間関係に不可欠であり、社会人としての必須条件の一つです。

と同時に、挨拶はあらゆる「おもてなし」のスタートであり、「原点」でもあるのです。


【参考】挨拶力≫を見直し、修得する為のキーワード

1. 姿勢と態度(体の向きや手足の位置・使い方)
2. アイコンタクトの仕方、秒数
3. お辞儀(会釈・礼)
4. 表情(表情筋・目付・目線・口元・顎)
5. 腹式発声、発音、カツ舌
6. 語句の間、ブレス。句読点の認識
7. ≪挨拶≫言葉、ひと言、ひと声
8. 天候、季節に合わせた≪挨拶≫言葉
9. 相手に答えさせる為のアプローチ≪挨拶≫言葉
10.・・・・・しながらの≪挨拶≫見直しと自覚
11.相手の状況判断に基づいた≪挨拶≫
12.場の空気、温度を察した≪挨拶≫
13.T.P.O.に合わせた≪挨拶≫
14.相手に合わせた言葉と態度
15.挨拶に於ける自己表現、伝達力
16.思いやりの挨拶会得(主に優しさ、立場転換、誠実さ、感謝、奉仕の心など)


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/777-81cb230b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック