#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 「大切な人」を大切にするために

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

大切な人定義する訳

お薦め度【★★★★】全業種・業態用

相手を大切にすることは人との触合いでも、生きて行く上でなくてはならない「心」です。

大切にする心は、人として生活する家庭、会社などあらゆる場で必要です。

そして、大切にする心は、人としての「思いやり」「感謝」「誠実」などの言葉や行動に現れます。

このことは、日常生活のマナー、ビジネスマナー、接客マナー、C.S.などの「源」であり「礎」です。
特に相手を大切に思う心「思いやり」は、全ての「マナー」の【原点】でもあります。

マナー」は何故必要なのかを考えると其処には相手や周囲に対する様々な心遣い・気遣い
をする為の、おもてなしの三要素である目配り、気配り、心配りが礎となることに気付きます。
沢山の人との触合うことにより、この様な要素がどの様なことなのかを具体的に学べます。

日々の生活、会社、職場、友人や仲間、お客様から、「大切な人」に関する、数多くの学びや沢山の知識、
体験が得ることが出来ます。

この様な目線や意識で生活することは「幸せを掴む」為の、身近な近道と言えます。
そして、感動や感激を始めとした様々な感情や心を味わいながら人は成長して行きます。

マナー」=「思いやり」身に着けることは、「大切な人」に対する意識や心を必ず育みます。

特にお客様から多くの教えや学び、感動をいただける接客や営業の業界で働く方々には
計り知れない程多くのチャンスがあります。

このことに気付くか、否かでその人の生き方や人生が大きく変化します。

本気≫で【大切な人を思う心】に目を向けて、実行してみましょう。

きっと、そこから今迄に味わえなかった新しい世界が開ける体験できることでしょう

さて、夫々な業種、業態での【大切な人】は、サービス業ではお客様や患者さんなどであり、
官公庁であれば、国民や県民、市民です。

一昔前まで、医療は利用する患者さんから、接遇サービス業として捉えられていませんでしたが、
現在では介護機関を含めた医療関連業種全てが、接遇を重視し、接遇力向上に取組んでいます。

同様に、銀行などの金融機関も、お客様に対する取組み方が大きく変わりました。
私たちを取り巻く社会や経済状況の変化や競争の激化により、人としての「思いやり」が
これからの社会に大切だと”気付いた”から、と思われます。

〇自分の最も【大切な人】に、接する「思いやり」の心でお客様に応対、おもてなしすること。

〇自分の最も【大切な人】に、接する「思いやり」と「感謝」の心で部下や支えてくれる人に
 接すること。

〇自分の最も【大切な人】に、接する「思いやり」の心で周りの身近な人々と触れ合うこと。

〇自分の最も【大切な人】に、接する誠実な心で「ありがとう」「ごめんなさい」が言えること。

〇自分の最も【大切な人】に、見返りを望まず、求めない「奉仕の心」を持ち無心で接すること。


など、この【大切な人】は、これからの少子高齢化時代を乗り切るキーワードです。

仕事に合わせた【大切な人】の定義を知らなかったり、無かったり、意識するのを怠ったりした場合、
例えば、初めて飲食業に従事するスタッフやお客様の定義を知らないスタッフから以下のような

「何故、挨拶やお辞儀をしなければならないの?」

「どうして好きでもないお客様に、神経を使い愛嬌を振り撒かなければならないの?」

「どうして、お客様の我侭をきかなければならないの?」


などの質問をされることがあります。

また、≪お客様の定義≫を知らないが故に、お客様に不快な態度を与えてしまう場合もあります。
一方、まだまだ定義の徹底がなされていないタクシーやバスの乗務員から無愛想な態度やマナーを
弁えない言動を受ける場合も多々あります。

このようにお客様や様々な職場で相手をする人についての≪大切な人の定義≫が不備であったり、
在ったにしても周知徹底がなされてなかったりして、不快感を味わう場面はサービス業に関わらず
多方面で見受けます。

業種や業態よって、この【大切な人の定義】は大きく変わりますが、
全て統一して言えることは人としての「思いやり」です。

各職業や職場に合わせた【大切な人】の≪定義≫を周知すると共に、夫々の人が認識し態度言動を
することは、人との触合いやおもてなしに欠かせない重要なことです。

何事も気付いたら、相手を思いやる行動に移すことで、豊かな「人間力」を育みます


参考
お客様とは
お客様の定義
大切なお客様の定義(バス乗務員用)
大切な人の定義-Ⅰ
大切な人の定義-Ⅱ

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/778-ba7423b8
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック