#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 誠実さと立場転換力を振返る

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

にんげん力」の礎、誠実さと立場転換

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

人として社会で生活していく上で、大切である誠実さと立場転換力をまとめてみました。
この二つは、日常生活や職場で豊かで潤いある人間関係の創造と「思いやり」に欠かせません。
また、この項目は誠実さと立場転換の両方に当て嵌まる項目もあります。
番号のある項目を、にんげん力=自己啓発や職務遂行のチェックリストとしてもお使い戴けます。


立場転換のポイント

1) 話す内容をいつも聞く側の気持ちで考える。
・自分が言われたらどう思うかを常に考えながら話す
2) 相手を信じている旨をはっきり伝える言動と態度をとる
3) 相手の能力を見定め、相手に合った話し方する
・能力以上のことは求めないで少しでも予測上に出来たらきちんと認める
4) 相手に対する見方や意識を変える
・どんな人間でも必ずよい処が有ると意識し。相手の良い処を見つける努力をする
・そのよい処を言葉にして伝える
5) 相手に対し今までの考え方や見方を全く変え、発想の転換をしてみる
6) 情や環境に左右されないよう常に冷静沈着、平常心に努める
7) 自分を能力や心をあらゆる角度から良く見つめ分析する(能力の程度・長所・短所・資質)
8) 憶測や先入観を持たない
9) 何故話すのか、話す目的を伝え、目的の必要性を理解させる
10) 好き嫌いで相手に話さない
11) 相手の人格を認める
12) 自分の事は極力話さない
・いつでも相手の立場に立って話す事、考えることは貴方の人間的な魅力をより向上させます。
13) お互いの心や立場を第三者の目で見る
14) 相手に対し思い遣りや感謝の心を示し合う言葉遣いをする(ありがとう、お陰様で)
15) お互いの立場に合った言葉遣いをする(敬語・謙譲語)
16) 一言ひと言を何故の意識で考え相手の心を察する
17) 相手の話す内容や行動を自分に置き換えて考える
18) お互いの立場について先々を読む
19) お互いテーマや会話の内容について何故の意識で考える
20) 立場が上の者は会話やミーティングの対象となる事項の一般的な基準値を持っておく
21) 立場が上の者は地位や知識をひけらかさない
22) 特に立場が上の者は相手の経験、能力に合った話し方をする
23) 相手の労力や費やした時間を自分に置き換えて計る
24) 立場を理解し合う事によって得られる様々な要素を推測する
25) 会話やミーティングの目的を認識し相手と自分の立場を知っておく
26) 利害関係が発生する会社同士や取引先の場合は、お互いの利益を守る心構えで話す
27) 会社対会社の場合は個人的な判断は避け会社を代表し接している意識を持つ
28) 友人などの場合、立場転換が相手の将来や人間性向上にどの様に関わるかを推測する
29) 場合によっては損得の意識で考える
30) 広い心でお互い納得出来るまで話し合う
31) お互いに結論を急がず時間をかけて理解し合う 
32) 相手と同じ事や意識を実際に自分が体験してみる
33) お互いに意見や注意を真剣に聞く
34) 判らないことは理解でき納得するまで尋ねる
35) 自分自身の考え方や意見をぶつけて意見を聞く

◇自らの「誠実さ」を見つめ、問い掛けてみる

誠実さ」とは
 
 誠実さ」の質問
  (1)あなたは人から信用を得るために、どのような点を重視し実践されていますか?
  (2)あなたは深い人間性を育む上で、誠実さを始めとして何が大切だと思いますか? 

どんな小さな約束でも約束は必ず守る。それが誠実な人の取る態度です。
「他人や仕事に対して真面目であり、偽りのない心で接する」ことです。

「何事にも高い倫理観を持ち公正・正直に取組む基本姿勢と
 より良き姿を追求し続ける不屈の精神」
実践をし私達を取り巻くあらゆる人々との間に強い信頼関係を築き、
個人と事業を発展させて行くことです。

「誠実さ」は、「人が生きて行く上で最も大切にしなければいけないこと」です。
「自分が正しいと信じていることの為に、高い価値観を持ち生きること」です。
「人に対して、また自分自身や物事に対して正直で真心のこもった行動をすること」です。
言行一致」即ち行動と言葉が一致している時、あなたには素晴らしい存在感があります。
決して自分を騙して偽るようなことはありません。
誠実な人の人生と心は善良で、清らかな人生を生きるのに役立って行きます。
「誠実」とは「お客様や相手の信頼を裏切らないこと」です。

◆誠実さを定義する

1. 真心を持って人や物事に対すること
2. 誰に対しても礼節を持って接すること(礼儀・節度がキチンとしていること)
3. いつでも、誰に対しても変わらない挨拶ができること
4. 相手によって、会話内容や態度を変えないこと
5. 心と身体の姿勢が正しいこと
6. 相手を思いやるマナーを弁えていること
7. 真面目で素直なこと
8. どんな約束でも必ず守ること(何事にも、時間はきちんと守ること)
9. 依頼されたことは間違いなく行うこと
10. その場しのぎをしないこと(調子のよいことを言わないこと)
11. 言動、態度に裏表がないこと
12. 感謝の心をキチンと伝えられること
13. 相手に見返りを求めないこと
14. 正直であること(嘘がないこと)
15. 真実を貫くこと
16. 小さなことも一所懸命行うこと(小事を疎かにしないで、全力を尽くすこと)
17. 話す内容に一貫性があること
18. 誠実とは、言行一致がしていること(言ったことを成し遂げて実らせること)
 (自分の言っていることと、現実の行動に矛盾がないこと)
19. 感情のコントロールが出来、相手に常に不変な精神状態を保てること
20. 以前に話した内容と、現在の話の内容が違わないこと
21. その場に居ない人のことをあれこれと批判しないこと
22. 他人に望んだことを自ら行っていること
23. 自分に否がある時に素直に謝る心(自分の過ちや間違いを認め、謝罪すること)
24. 自慢話や自己顕示をしないこと
25. 相手や仲間に言うべきことは伝える勇気を持って実践していること
26. 自分の事情で周りの人々に接しないこと
27. 自らの想いや感情は素直に出すこと
28. 話し合いの場や会話を独占しないこと
29. 相手のためになり、成長に役立つと思ったことは真剣に話せること
30. 一期一会の心でお客様に接すること
31. いつでも変わらないマナー、お客様に態度で接すること
32. 先ずお客様のことを第一に考える心を持つこと
33. お客様や相手の信頼を裏切らないこと
34. お客様との約束を守ろうとする心と実行力
35. お客様の期待を裏切らない心
36. お客様の目の届かない所もきちんとしておくこと
37. お客様の状況を正直に報告する心を持ち、行動すること
38. お客様や相手の状況をいち早く察知し、真心で応対すること


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/797-a08a4667
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック