接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  人源力「信頼」を知る

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

信頼関係の構築は、「」の礎

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

信頼は文字通り、≪信じることを頼る≫ことです。
故にその対象の人に信じるに足りるべき根拠になりうるところが無ければ、
その相手を信じることも頼ることも出来ません。
人としての本当の信頼関係は、表面上の仲良しや明るく振舞ったり、
心を開いたりするだけで築かれることではありません。
それは、相手を認めることから始まり、思いやり誠実さ、厳しさ、自分を指差し、
他人を批判しない、相手の大切を大切にすることなどの様々な心の触合いの積み重ね、
日々の言動や態度の積み重ねにより、お互いの心の中に少しずつ築かれて行くものです。
人は同じことをしても、相手との間柄どのような関係か、信頼する心(意識)の有無によって
言葉、態度、行動や結論、結果について見識は変化します。
相手に対し「信頼関係を作ろう」と意識し、表面上や形だけで作る損得の「信頼」は見返りを
求めていることであり、信頼ではありません。
「信頼」は「信じて頼る」ことの以前に、相手が心から喜んでくれ、優しく温かな気持ちを
持って貰うなども前提の一つと言えます。

『信頼』とは、互いの立場を認めた上で

「互いの小さな信用の積み重ねによって築かれること。」

「警戒心を持たず、心を開いていること。」

「互いが無条件、かつ一方的に信用していること。」

「一方的な思いやりが双方向に生れた状態のこと。」

「信頼関係は慎重に作るべきこと。」

「けじめと節度を持つこと。」

「場合によっては甘え合えること。」

「互いの心や態度を受け入れていること。」

「相手の言動の結果が予測出来る範囲内にあること。」

「互いが自ら指差すこと。」

「互いの意識、思考、物事の捉え方や判断と異なることでも許せること。」

「互いが許し合えること。」

「互いに依存し合うところに根差していること。」

「互いに我慢や自制すること。」

「互いの関係を感情の刃でを切り、絶つことが出来ること。」

「優しさだけでは、信頼のは作り得ないこと。」

「対象の人が、こちらが信じていることに反する結果を選択しても裏切りとは言えないこと。」

「信頼関係の成立は、信じたのは自らの責任であると言い切れること。」

「絶対に裏切られることはないと確信を持てること。」

信用と信頼は、互いに切り離すことが出来ないこと。」


以上の他にも、信頼には様々なことがあります。

特に、お互いが認め合い、誠実さ思いやり、感謝の心を持ち、表現伝達することは

信頼関係を構築し、『』を創るために、無くてはならない大切なことです。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/813-0f9bc89b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック