#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 認め、認め合うことは、『人原力』の原点

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

全ての人間関係は、「認める心、認め合う心」から

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

日々のお付合いや触合いをする上で、忘れ怠ってはならないことは、
人としてお互いが「認める心、認め合う心」を持つことです。

円滑な人間関係との関りや繋がり、やる気の源、モチベーションアップ、個人の成績や意識の向上に
欠かすことの出来ないことのが、「認める」「認め合う」と言う意識と態度、言動です。

最近のような「個」の時代になればなるほど、人との関わりや人に関わられることを避ける
生き方を望みなから、一方では、一人の人間、個人として「認められたい」と言う、
自己顕示の生き方や意識も強くなってきていると感じます。

人は「認められない」「認めて貰えない」ことで、
≪自己顕示≫≪孤立感≫≪劣等感≫≪悲壮感≫などの様々なネガティブ要素が心に芽生え、
人間としてあるまじき悲しい事件を引起してしまう要因の一つになっているとも思います。

「認め、認め合う」ことのキャッチボールがスムースに出来、お互いが思い遣れる社会になっていたら、
現在起こっている様々な悲しい事件はもっと少なくなると信じています。
人として「認め、認め合う」こと、人として思いやりの心を持つことは、
全て人の「心の礎」で無くてはならないことであると思います。

辞書によると【認める】は見える、気付く、判断する、よいと評価するとあり、具体的には
1.目に止める。存在を知覚する。気付く。
2.見て、また考えて確かにそうだと判断する。
3.正しいとして、また、構わないとして受け入れる。
4.能力があると判断する。
5.気をつけて見る。じっと見る。・・・・・とあります。 
熟語として「認可・認定・認容・公認・承認・信認・否認・黙認・容認」などが挙げられています。


貴方の大切な人、親強打と言った肉親を始め、友人、お客様、仲間との円滑な人間関係の基礎
とも言える「認め、認め合う」ことについて考えてみることにします。

或る時の個人面談で、
「人を認めるって どうすればいいんですかね?頭で〈認めなくちゃ〉と分かっていても、
他人への不安が心を支配してしまい、認めるより非難してしまうんです。」

「心から人を認められるようになるには、どうしたら良いのですか?」と聞かれました。

私は、
『自分を認め、指さしてみることが出来るようになると、他人も認められるようになると思います。』
と答えました。

そして『自分の中にある他人への不安感との戦いは誰も解決できません。
そのためには先ず、自分の存在に気付くことからスタートすることです。
自分自身を信じ、認めることに意識をした上で言動してみたら如何でしょうか。』
と付け加えました。
最後に『即ち自分と相手を認識することに心掛けることが大事です。』
とお伝えしました。
認識=物事を見分け、本質を理解し、正しく判断すること。また、そうする心の働き。
人間(主観)が事物(客観・対象)を認め、それとして知る働き。知識。

この「認め、認め合う」は簡単なようですが結構「難しく」、「奥の深い」ことです。

さて「大切な人・お客様へ思い遣り」に、この「認め、認め合う」ことなしでは伝えられません。

挨拶をされた時、ただ「こんにちは」、と言われるよりも、
「○○さん、こんにちは」とか
「こんにちは、○○さん」言われると、
とても気分が良く嬉しく感じます。

このことも相手を大切な人と認めているからこそ、自然と言葉になるのだと思います。

お店の通路で、従業員が壁側に沿って回りを意識しながら、端の方を歩いているのを見ると

【このお店はお客様を大切な人と捉えているんだな】と、自然に感じられます。

【お客様をたてる事】は「お客様を認め、おもてなしをする第一歩」です。

『あり難い』[=感謝の言葉「ありがとう」の頁参照]お客様に対するお店(会社)の姿勢の現れです。

身近なことから「認め、認め合う」癖をつけましょう。
「認め、認め合う」大切さに気付きましょう。

お客様や患者さん、クライアントから
『君が居るからここに来るんだよ』
お店や会社、企業から
『○○さんの存在は大きい』
仲間から
『○○さんだから出来たんだね』
などと認められることにより、嬉しく有難く感じます。

このように認められて生れる心のエネルギーは、
感謝の表現伝達、やる気の源、モチベーションの誘因、感動を与える元、余韻を作り
に欠かせないことです。

この「認め、認め合う」ことは、社会で生きて行く上でも、人と人との触合いに大切な『人原力』です。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/815-e23b1f1c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック