#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 案内、受付、窓口のおもてなしの挨拶と姿勢態度-1

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

「おもてなし」の心を表し、伝える。
 
       「挨拶と案内姿勢態度」-(1)


お薦め度【★★★★-☆】全業種、業態用

此処のところ「挨拶」についての記事を多く書いております。
書きながら、改めて挨拶の奥深さを痛感しております。

挨拶をすることは実に簡単に思えますが、決してそうではありません。
挨拶をすること安易に考え、軽んじて取組んでいると組織や企業のイメージを落としたり、
人としての信用信頼を失ったりすることにもなりかねません。

挨拶は組織、企業やお店、人の様々な心や意識を始めとした色々なことを相手に伝えるものであり、
奥の深イイものです。

挨拶は、組織、企業やお店の姿勢と心、貴方の意識と姿勢、心と人柄を現し示すもの。
組織、企業の姿勢と従事する人の人現力です。

どんな時でも、誰に対しても、挨拶の一つひとつを疎かにしないで大切にすることは、
組織、企業と組織人、企業人、人間への信頼の礎です!

挨拶の語彙は、[相手の心を押し開いて、相手の良い部分を引出すため]です。

また、挨拶により、自らや相手の心に生まれ、齎す(もたらす)様々な要素と役目、
役割をいつも認識しておくことが、心の通った挨拶をするために必要です。

さて、挨拶する機会が多い、組織や企業、医療の受付案内窓口の挨拶や姿勢態度
ついて書いてみることにします。

最近のことですが、大きな組織のある部署に始めて出向く機会がありました。

組織建物が大変多く、目的の場所が二号館なのに、間違えて同名の一号館に伺ってしまいました。
仕方なく、近くにある部署にお邪魔して、目的の部署の所在地を聞くことにしました。

「失礼致します、・・・部の・・・・課はどちらに御座いますか?」と、
その部署の入り口付近で十人近くいた一人の方にお訊ねしたところ、
その部署の責任者と思われる年配の方が、さっと立ち上がり、急ぎ足で私の近くにお見えになり、

「お客様の目的の部署は、こちらを出て・・・・・にあります。」
と丁寧な言葉づかいで、詳しく説明して下さいました。

私が、説明を受けている間に、事務をしていた別の方が手早く地図をお持ち下さいました。
最後に「ご親切に、ありがとうございました。」と言い、感謝の心を込めて深くお辞儀をしたところ
皆さんが中腰になり、目礼と軽くお辞儀を返して下さいました。

この大きな組織でも、訪問者を「もてなす」意識と行動が徹底されていることに深く感心しました。
きっと、普段からこのような行動が身に着くように訓練されていると同時に、大きな組織の各部署の
研修教育をしている人事部が確りしているからではないかと思われます。

組織や企業は大きくなればなる程、この事例のように「おもてなし」の精神を大切にすべきではないか
とも思いました。

また、別の大手の会社に訪問した際、ドアを開け挨拶すると、事務所の中に居た全員が立ち上がり、
笑顔でこちらに視線を向け「いらっしゃいませ」と軽い会釈で挨拶をしてくれました。

その中の一人が素早く私の正面まで来て、
「失礼でございますが、どのようなご用件でございますか?」
と訊ね、こちらが用件を言うと、
「さようでございますか。只今○○を呼んで参ります。」
「どうぞこちらにお掛けになり、少々お待ち下さいませ。」
とソファーまで案内してくれました。

この会社も「おもてなし」の挨拶と姿勢態度がとても印象に残りました。
以上のように、ほんの少しでも「おもてなし」の精神が挨拶や姿勢態度に出ている組織や会社は、
きっと顧客を大切にする精神が底辺の人にまで浸透していると感じ、とても好感が持てます。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/820-f53262bb
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック