#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 案内、受付、窓口のおもてなしの挨拶と姿勢態度-2

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

おもてなし」の心を表し、伝える。

             「挨拶案内の姿勢・態度」-(2)


受付案内窓口立位座位での挨拶、応対姿勢」


お薦め度【★★★★-☆】全業種、業態用
企業、医療、公の機関、金融機関、商店や店舗の受付案内窓口は、
大きく分けて二種類の形があります。

立位で訪問者やお客様などと応対するハイカウンターと座位でするローカウンターがあります。
何れも、応対をしない待機時でも、軽く顎を引き、口角を上げ軽く結び、優しい眼差し、
柔和な表情、背筋を伸ばした姿勢に心掛けなくてはなりません。

A.ハイカウンター応対

イ)待機時
待機の姿勢をとり、視線は常に出入り口並びに組織内、社内や通用口の出入りに目配りする。
立つ位置は、カウンターに身体が付かない30~50センチ程度離れて立ち、足はハの字にし
片方の足をやや前に置く。(モデル立ちに似た感じ) 
訪問者が2身体(3~4m)位の位置で、こちらに見えるのを確認した時に体の正面でお迎え、
応対できるように相手に身体を向け、優しいお迎えの表情を意識する。
待機時には、手や肘はカウンターの上に乗せないこと。
お子様や老人に対しては、同じ目線で会話が出来るようカウンターから出てお迎え応対する。

ロ)挨拶言葉
相手が1身体位のところに見えたら、一般的には「いらっしゃいませ」のお迎え言葉挨拶をする。
時間帯によっては「おはよう御座います」「こんにちは」「こんばんは」の挨拶言葉を先に付ける。
このような相手が答え易い「おはよう御座います」「こんにちは」「こんばんは」などの
「ひと言」を付け加えた挨拶は、相手に親近感を与えるばかりか、相手の心を和ませ、開きます。
特に老人に対しては、丁寧で、ゆったりした明確な口調で会話するようにします。

ハ)お辞儀
基本的に分離礼を使う。場合によっては、言葉の途中からお辞儀をすることもある。
品格のあるお辞儀に心掛ける。
参照お辞儀と品格
お迎え時に、イ)の待機時に記した、前にある方の足の位置を後ろの位置に動かし、お見送り時は
後ろにある足を前に動かすと好印象の与えられるお辞儀が出来ます。
また、全てのお辞儀を曲げきったところで静止させ、その時の言葉を意識すること、
お辞儀を起こし切った時に背筋を伸ばすことでも、より好印象を与えることが出来ます。

B.ローカウンター応対

イ)待機時
座ったままで手を膝、又は内部テーブルの上に置き、椅子には前三分のニ程度にかけるようにし、
深く座らないで、顎を軽く引き、背筋を伸ばした姿勢をとり、視線は常に出入り口並びに組織内、
社内や通用口の出入りに目配りする。
訪問者が2身体(3~4m)位の位置で、こちらに見えるのが確認出来た時に、
座ったままの場合は、上半身を相手の方にやや傾け、体の正面で応対できるようにし、
優しいお迎えの表情を意識する。
または、訪問者が2身体(3~4m)位の位置で、こちらに見えるのが確認出来た時に、
椅子から立ち上がり待機の姿勢で挨拶し、応対する。
挨拶は、「相手の心の窓を押して開く語彙」から、同じ目線で挨拶する必要があることから
後者をお勧めします。
私見ですが、座ったまま挨拶することは失礼であると考えます。
相手と応対、会話する場合、先ず相手の着席を確認した上で、こちらが座り応対することです。

ロ)挨拶言葉
言葉の使い方はA.と変わりませんが、こちらが座ったままの姿勢で立っている相手や訪問者に
「どうぞお掛け下さい」など一声や挨拶することは前記した挨拶の語彙からも避けるべきです。

ハ)お辞儀
座ったままでお辞儀をする際は、首だけのお辞儀?にならないように注意すべきです。
ややカウンターから離れて、背筋を伸ばし、腰からのお辞儀をすることです。
この場合も、全てのお辞儀を曲げきったところで静止させ、その時の言葉を意識すること、
お辞儀を起こし切った時に背筋を伸ばすことでより好印象を与えることが出来ます。
立ってする場合は、A.と同様に足の位置を動かすことです。
この場合カウンターから30㎝程度離れ、お辞儀をすると相手に誠実さを与え丁寧に写ります。
また、座ったままで、お迎えやお帰りの挨拶することは失礼であると考えます。


受付案内窓口は機関や会社のイメージ、姿勢を表現し伝達する大切な役目と役割があります。

また、職場や会社で働くみんなを代表していることを、常時強く認識しておくことが大事です。

担当者は、どの様な時、どの様な相手に対しても、自らの感情や気分で応対しないことです。


備考)実際の姿を図やイラストを使って解説できず、文章での説明でやや分かり難いことをお詫びします。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/821-260dd7d9
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック