#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) おもてなしの心の表現、伝達

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

文字の組立を知り「おもてなし」の心を表現し、伝達する

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

素晴しく、素敵な「おもてなしの心」をどんなに持っていても、お客様や患者さん、相手の心に通じ、
伝わらなければ何にもなりません。

先ず、おもてなしの伝達のために知っておかなければならない「あらわす」の語句があります。
おもてなしの場で必要とされる「あらわす」は【現す表す顕す著す】の文字があります。

[現す]≒人現力ともえます。
=今まで見えなかったものを外に出して見えるようにする。
=実態を明らかにする。目に見えるものとする。
=持っている力をはっきり表に出す。

[表す]
=心に思っていること、考えていることなどを、表情・言葉・態度、絵などで示す。
=ある特定の意味を伝え示す。表現する。意味する。
=隠されている思想・意識や才能・資質を表に出す。≒頭角を表す

[顕す]
=何かの形で、善行や行い、思想などを広く世間に知らせる。

著す
=執筆する。書物や文章・文に書いて残す(示す)。

おもてなしの心を表し、伝え、告知などする際に、この語句を意識し、その場や用途に合わせた
心の表現や伝達の手段として用います。

次に、「おもてなしの心」を言葉で相手に伝える手段として、声で表現する会があります。
する際の声と口調である声の表情はとても大切です。
声で伝える手段は、「る」と「う」「す」がありますが、おもてなしをする接客・接遇の場では
う」「す」が常用されています。
おもてなしの接客・接遇の際に、感謝の心を込めて『ありがとうございました(ございます)』と「い」
ますが、【る】とは表現することはありません。

何故【る】を使わず、「言う」や「す」の語句を使うのか、考えてみたことはありますか 

そこで、『言葉』の文字の構成から考えてみることにします。
言葉」は「言の葉」とも表現されます。
この語句は「言」は心と口で組立てられています。
『葉』は日本語という木に繁る葉を指し、時と共に枯れて消え行く『葉』=言葉、また時代と共に
新しく生まれる『葉』=言葉もあると考えられます。

人の心に生まれる愛、思い遣り、感謝など様々な心を口から伝えるために、『言』の文字があり、
「言偏」の付く文字には心が含まれていると解釈出来ます。

生活して行く上で、言葉は互いに認め合い、思い遣る手段の一つとして欠かせないものです。
『語』は、前記の「言」と「吾」で構成されています。
よっての「吾の心」を口から伝える時に用います。

一方【る】の文字には、「心」の文字が見当たりません。
りをする時には心が存在を要しないと解釈します。
接客用語と言われている、おもてなしの「こころ」を伝える言葉の大切さ、言葉の持つ意味や重さを
改めて認識することが「心を通わすおもてなし」に大切であり、意識するべきことなのです。

以上のように、おもてなしの際に、夫々の文字の組立(構成)を認識しておくことが肝要です。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/842-7f61417e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック