#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 『けじめ』とは!

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

けじめ』を知り、身に着ける

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

社会生活上でも日常でも、仕事をする上でも『けじめ』である、
「躾」「公私の区別」「モラル」「常識」「コンプライアンス」「当たり前の基準」
の意識を持つことは、一人の人として大切なことです。

このけじめを細かく分解してみると、人としての意識と心得などの「心」と、
人間として誰もが持っている五感=「人元力」に別けられるのではないかと考えます。

〇『けじめ』は大きく別けると、以下の二つがあります。

1.心と意識に当て嵌まる「けじめ」は、対象が、=以下を指す
 =躾・道徳・モラル・常識・マナー・おもてなし・マナー・コンプライアンス・当たり前・取組姿勢

2.五感 (人元力)に当て嵌まる「けじめ」は、対象が、=以下の物事を指す

「聴覚」からのけじめ=会話上、言葉使い(言葉遣い)、音(雑音)
「視覚」からのけじめ=見た目・外見、身嗜み(着衣・靴・装飾品・化粧) 、置物、持ち物
「嗅覚」からのけじめ=香り、臭い、香水、お香、体臭
「触覚」からのけじめ=置物・触れるもの・握手・ハグ
「味覚」からのけじめ=飲食物・嗜好品
※またオフィシャルとプライベートとも言われている「公私の区別」も『けじめ』に含まれます。


『けじめ』の解説

『けじめ』は、躾・モラル・常識・マナー・おもてなしの順に下から積み重なって形成されています。
と同時に、『けじめ』は、人から愛されたり、尊敬されたり、親しまれたりするために、生活での信用、
信頼され、会社では、キチンと円滑に業務を行い信頼され期待される人となるために重要な事です。

先ず、社会では法令の遵守(コンプライアンス)や会社のルールをキチンと守ること。
次に人として、社会人としてのモラルを保有すること。
モラル(Moral)は大きく捉えると「マナー」を含めた「道徳・倫理・良識」のことを指します。
英語のモラル(Moral)は「道徳・道義的な」「教訓」などを意味すると辞書にあります。
日常生活上の人間関係で必要とされ道徳意識である「善悪の是非、判断を伴う感性、意識」
を指していると考えます。

一方、職場のチームワークや≪和≫を大事にするあまり『けじめ』を忘れてしまう場合もあります。
中途半端な考えで≪和≫を実践しようとすると、社内や職場での人間関係が乱れてしまいます。
大局から見ることも必要とされ、特定の人に対して、『けじめ』をつけて接することも大切です。

以上をまとめると『けじめ』とは、“今は、何をする時か?”をよく考えてすることであり、
「けじめ」を守り、皆に迷惑をかけない賢い人になることです。
「マナーに反しているか否か」や「感謝の気持ちで物事を受け止めているか否か」も『けじめ』なのです。


[けじめ度、公私混同度のチェック]

1.お客様、上司、先輩、年長者に敬語(謙譲語・丁寧語など)を使っているか
2.オフィスにあるボールペンやトイレットペーパーを持ち帰るなどしていないか
3.上司や同僚への挨拶は適切か(仲間や同僚に対して『○○さん』と個人名で呼ぶ)
4.聞かれてもいない私的な話や相談をしていないか
5.会社のコピー機を私的なことで使っていないか
6.私的な知人や友人へ、過剰なサービスを行っていないか
7.お客様や患者さんのことを話題にしていないか
8.インターネットで、私的なことを検索する
9.『出来ること』『出来ないこと』をハッキリと伝えているか
10.お客様や業者と一線を置き、仕事以外の場で会ったり、電話したりして接触していないか
11.机の上に書類を置きっぱなしにして、大切な情報をばらまいていないか
12.馴れ馴れしくせず、『お客様』と言う意識を持って接しているか
13.同僚や後輩を「ニックネーム」、「ちゃん」付けや呼び捨てで呼んでいないか
14.取引先の社員に元同級生などが勤務していた時にニックネームで呼んでいないか
15.会社の経費で、友人と飲食していませんか
16.会社の外で、勤務先や取引先などの具体的な社名を入れて話していませんか
17.社外の人に社内のことを、話題にしていないか
18.物事の「始め」と「終わり」のけじめをつけるために報・連・相をしていますか


【参考】この「けじめ」は辞書に次のように記されています。
[1]物と物との相違。区別。差別。
[2]道徳や社会的規範に従って言動に表す区別。節度ある態度。言動における節度。
   師弟のけじめ・公私のけじめ
[3]次第に移り変わってゆく物事の、前と後の違い。連続する物事などの境目。区切れ。
[4]隔て。しきり。

    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/859-7670eb27
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック