#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 役割認識と和

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

自らの役割を知り、チームワークに生かす

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

役割(役割とはチームワークをスムースに行なう上で必要とされることの一つです)

イ) 個人プレーはN.G
仕事は一人で行う訳ではありません。
人と言う文字のように支えられて生きているのです。
様々な部署で多くの人々が共通のゴールに向けて働いています。
周囲の人々の協力無くしては、目に見えるカタチにすることは出来ません。

ロ) ワガママは禁物
個人的な感情で行動するのは絶対N.G.です。
口をきくのが面倒、話は苦手、好き嫌いや気に入った人とそうでない人に対する態度を変える。
この様なワガママは組織では許されません。

ハ) チームワークを大切に
自分の仕事が済んだら終わりではありません。
手が空いたら率先して周囲の人の仕事を手伝う姿勢で勤務しましょう。
見返りを求めない奉仕の心を持つことです。
原則は上司の指示に従うことです。

二) 仕事の流れを知ろう
周囲の人々と協力して仕事を完遂させるには一人ひとりがその仕事全体の流れを掴み、自分の
位置づけを理解しておくことです。
お互いのスケジュールや進捗状態を把握しておきましょう

ホ) 助言やアドバイスを求める
仕事が行き詰ったり、分らなかったりした時は声をかけて貰うまで待つのではなく自発的に
相談したり、アドバイスを求めたりしましょう。

へ)会社の一員として夫々の役割認識する
常に会社の看板を背負っている意識と自覚を持ち、日々自らを見つめ直す癖を付けましょう。

ト)チームワーク役割の関係 
① 風通しの良い職場にする
② 切磋琢磨する習慣(体質作り)
③ 謙虚に聴き、学ぶ心を持つ
④ お互いに不足している所をサポートし合い、アドバイスする習慣を身に付ける
⑤ みんなが同じ目標を目指す
⑥ お互いが自らの感情をコントロールし、自制する
⑦ 和と輪を意識し言動をする

チ)役割を果たす為に
①自分の役割を知り、自覚する(自分の果たすべき役割は何かを理解する)
②役割を果たすことで得られる結果と成果を予測する
③多角的に方法、手段を考え、出来ることから優先順位を付け実行する
④役割遂行に必要な能力を身に付ける(自己診断により必要とされる能力を知る)
⑤何時でも自分の行なっている役割を振返り、不足したり必要が生じたりしたことは補う
⑥随時外の目で自分の役割を見つる
⑦常に自らを指さすことを習慣にする

感謝奉仕の精神で、あなたの役割を果たしましょう。
感謝奉仕の心はチームワークばかりか、生きていく上で不可欠です。
どんな人に対しても感謝奉仕の気持ちや態度を示すことを忘れないこと。
感謝奉仕共に、考え思っているだけでは何にもなりません。
あなた自身が実行し、表わすことが役割を果たすためにも大切なことです。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/881-8f27d17d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック