接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  目標(ビジョン)を設定する

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

目標(ビジョン)をしつらえ(設え)定める

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

ビジョン目標設定をすることは『しつらえ(設え)定める』ことであると解します。

このしつらえの意味には「おもてなし」に限らず、日常生活や仕事のビジョン目標
定める為に役に立つ様々な要素や手段、手法のヒントになることが数多くあります。

日本の文化であるおもてなしには現代社会の発展に生かせる様々なことが存在するのです。

また、日本独自の茶道の教えの中には、普段の生活や人付き合いを始め、
会社経営・運営や営業、販売に役立つことが数多くあります。
様々な普段の生活や接客の場で多く使われている「一期一会」もそのひとつです。

さて、昨年後半より載せました「日本の文化おもてなしを紐解く」の記事にある
しつらえ」の中に、年初や期の初めに目標(ビジョン)を設定する上で役立つことや
道を示してくれヒントになる大切なことがあるのです。
これが目標(ビジョン)を設定することを『しつらえ(設え)定める』と表現した理由です。

是非とも目標ビジョン理念設定し、実施する為にも「しつらえ」を始めとした
様々な茶道の教えを紐解いて見られることをお勧めしきす。


理念、目標、ビジョン設定のポイント

〇目的別に構築する
1. 会社や店舗の為の理念、目標、ビジョン
2. 職務上の個人の理念、目標、ビジョン
3. 自己啓発に関する理念、目標、ビジョン

〇期間、期限の設定

P.D.C.A.に当て嵌める

 1. プランの内容
 2. 実行(実施)する上で必要とされること
 3. チェック(進捗、点検、確認、見直し)
 4. アンサー・アクション(成果・結果の予測、行動指針)

6W3Hで組立てる

〇実施する上でのリスクアセスメント

ソリューション(solution)(解決策)を見出す

 1. ソリューション(解決策)の為に必要とされる要素、スキルや知能力の洗い出し
 2. 1.の為の方法と手段
 3. 2.を行う上でのリスクアセスメント
 4. 3.の着手、実施時期
 5. 期間、期限の設定


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/936-016bc32e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック