接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  おもてなし、人との触合いの「源」を知る

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

総てのキーワードは「大切な人

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

成人の日」にちなんで、今後の日本を背負う新成人の方々に贈る記事内容にしました。

人との触合いやおもてなし接客において以下の全項目の『』になる【キーワード】があります。
この【キーワード】は一人ひとりの愛する人の為、お客様をもてなす為、会社やお店の仲間の為、
これからの少子高齢化社会で直面する様々な厳しい社会状況を乗り越える為にも振返り、見直し、
再認識し、常にこの【キーワード】を意識するように掛けなければならないとても重要なことです。
強いて言えば、リスクをチャンスに変える【キーワード】です。


☆人と人との触合いの

☆人と人との結びつきの

☆人と人との繋がり、絆の

の表現伝達の

☆愛情の

思い遣り、優しさの源

接客接遇(サービス)の源

おもてなしの源

☆ホスピタリティの源

☆全てのマナーの源

☆感謝の伝達の源

☆感動の提供の源

☆余韻の提供の源

☆C.S.(顧客満足)の源

☆E.S.(従業員満足)の源

☆C.D.(顧客感動)の源

☆P.S.(個客=個人満足)の源


このようなこと総ての源になる言葉です。
さて皆さんは【キーワード】何だと思いますか?

そのキーワードは、大切な人です。

1.自分の最も大切な人に接する「思い遣り」でお客様に応対すること。

2.自分の最も大切な人に接する「思い遣り」と「感謝の」で部下や仲間に接すること。

3.自分の最も大切な人に接する「思い遣り」と「優しい心」で周りの人々と触れ合うこと。

4.自分の最も大切な人に接する誠実な心で「ありがとう」と「ごめんなさい」が言えること。

5.見返りを望んだり求めたりしない「奉仕の心」で自分の最も大切な人に接すること。


この【キーワード】は、これからの厳しい社会を乗り切り幸せを掴む為にも欠かせません。

おもてなし接客接遇思い遣りの心は大変奥の深いものです。

どの様にしたら、触合う相手を幸せに出来るのか?

どの様にしたら、触合う相手やお客様を嬉しくさせたり、喜ばせたり出来るのか?

その為には、自分の最も大切な人に接する気持ちで相手やお客様に応対することです。

「どうしたら、もてなす相手や触合う人、お客様の為になるのか?」を常に意識することです。

これが上手に出来れば、ある意味人としてもサービス業に従事する一員としても及第です。

サービスの技術や技法も勿論大切ですが、私はこのことが一番重要であり、大切だと考えます。

おもてなし、サービス業ほど奥の深いものはありません。

これからの時代は他のお店がやっていないこと、持っていない個性がなければ生き残れません。

お客様が喜ぶことなら可能な限りやって行くべきです。

ある飲食店では、ファーストコンタクト時に、
「いらっしゃいませ」
と言わせないお店があります。その店では、
「おはようございます」「こんにちは」「こんばんわ」
などと挨拶言葉を言うように徹底しています。
何故かと言うと、「いらっしゃいませ」と言ったのでは、お客様は返事ができませんが、
「こんにちは」などの挨拶言葉なら、「こんにちは」と挨拶を返せるということです。
取りも直さずお客様とのコミュニケーションが取れるということです。

これからは、なにかしらストレスの多い社会ですし、
仲の好い友人の住いを尋ねて行った時のような雰囲気を味わえる(=おもてなし)
飲食店や店が生き残れるのではないかと、私は考えます。

一人ひとりのお客様を「大切な人」として触合い、其の人に合ったおもてなし
サービスを提供することがサービス業として大変重要なことです。

同時に、人としても「大切な人」と意識することは幸せを掴む為に必要不可欠なことです。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/944-61bc39af
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック