#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎) 【心の基礎体力】 -必要性

#おもてなし は「心の礎」 (旧・接客マナーは心の礎)

人を心から想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは「おもてなし」の『心』です。
20178-1.jpg


クローバ横

当ブログ&Humane-Project「礎」の御案内横

コンセプト おもてなし講座s

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

※各文字をクリックして戴くと内容が御覧になれます。
クローバ横
金色3線

当ブログに御訪問戴き、誠に有り難うございます。

この心の礎に載せてある「人の心」や「対人関係」の記事は壮年に至るまで先々のことや人の心や思いを意識せず、
目の前の「楽」やその時の感情・我欲を自制出来ず、刹那に生きてしまった、と自省のキッカケとなった壮年後の
学びから気付かされた他人への「想像力や心に関わる心」の在り方、持ち方などを過去の実体験に照らして知った
知識や智慧など,御覧戴く皆様の今後の社会生活や仕事上で僅かでも役立てて頂けたらと考えて載せております。
ですから書いている私が記事内容の総てが出来るのではなく甘く見ても2~3割程度しか生かして使えません。
思いやりや礼節・感謝・誠実などの心に関する項目は「対人関係」上の参考資料として使って戴けると幸いです。

私的利用外の文章・写真のコピーや転載は御遠慮下さい。教材や営利を目的とした無断引用転載は禁止です。
尚使われる場合は記事の右横、Categoryの上にある「問合せMail」にてお名前・連絡先・目的をお知らせ下さい。

金色3線

礎ロゴ 【心の基礎体力】を持つ

お薦め度【★★★★★】全業種、業態用

現在の日本国内では、震災復興に向かい国民が一つにならなければならない状況の中、
政治不信、近隣諸国との外交の諸問題、海外に目を向けると欧米における財政危機などの
世界の経済不安、強いては雇用不安につながる様々な要素が多発し、
中々先が見えない社会状態です。

一方我が国では、バブル期以上の経済財政危機、雇用危機とも言われていると共に日本国債の
格付けランクが下がり二年後には国の借金が国民預貯金を上回ると言った不安が生じています。
また、世界中から、「ジャパンシンドローム」と言われている、
2050年に、高齢者が増加し、日本の労働口が現在の半分になってしまうことに関し、
日本が国家の戦略としてどの様な対策や施作を講じるのかを、全世界が注目して見守っています。

今の日本は、既に少子高齢化社会に入り、団塊の世代の退職が始まると共に
個の生活を主に捉えた核化社会化現象が目立つようになりつつあります。
二十世紀後半から社会全体が豊かになり、様々な情報が満ち溢れている現在の日本です。
余りの情報の多さに、様々な情報に振り回されて自らの意思決定が中々出来なかったり、
迷ってしまったりしている若者が増え、一方では自らの心のホジションや社会で果たすべき
役割が解らないなどと言った原因による引きこもりの口が70万も出ているそうです。
悲しいことながら、いじめやDVが多発し、自殺者も30万を超える現況です。

日本は古くから「の目人種」と言われていますが、外見や人の目を気にすることは
変わっていないのではないかと考えます。
その一例として、マナーは人の持つ「思い遣り」の形を表し、示し伝えるためのものです。
故にマニュアル化するには適しませんが、私どもの「心の礎」へのアクセス(検索)語に、
【マナーのマニュアル】と言う語が多く見られます。
「人形作って、魂入れず」の如く、形や所作はルール化出来ますが、
マナーと言われる「思い遣り心」は、形としてマニュアル化することは出来ません。
※人と触合いのある業態では、マニュアルでなく所作ルールと目的別のテキストをお勧めします。

また、「・・・になります」、「・・・のほう」、「・・・でよろしかったでしょうか」
などと言った日本語の美しさが損なわれた言葉使いが多用されています。
このように正しい日本語が使えないにも係らず、日本人としての意識が薄れ社会人として
外国語が必要だから身に付けなければならないからと外語力を習得することに力を注いでいる現在です。
当然日本人が世界へ進出する為に外語力も大切です。
日本語であれ、外国語であれ、それを話すのは「人」であることを意識し、
強く認識すべきではないかと考えます。
言い換えるなら、人としての原点である体力の育成、即ちどん苦難にも挫けず、
挑戦する為に必要とされる「心の基礎創り」に目を向けていないと感じられることがあります。

一方、現在働いている社会人の中にも、
【心の通い合う挨拶が出来ない】

【意識伝達や意思決定が確りと出来ない】

【言葉や語尾が、はっきりと話せない】

などと言った人達を多々見受けます。

このような事例から現在の社会環境を振返り、見直してみると、
社会人候補生である学生や子供達への【心の基礎体力創り】への取組みと、
人として『心』を学ぶ意識とそれを育てる教育の場がまだまだ足りないように感じられます。

では、どうしたらこれからの日本を担う人創りの元となる
【心の基礎体力創り】が出来るかを考えてみます。

その手始めとして、今の社会を担っている大人が、思い遣り利他心とはどんなことなのかを学び知り
それをひとりでも多くの人達に知らしめることだと考えます。
このブログを書き始めた頃はネット上で思い遣り感謝誠実さ、立場転換などの情報を
探すのに大変でしたが、現在は情報量もかなり多くなって来ていますから、これを活用することです。

また、近年ホスピタリティ精神の意識の広まりや海外からの訪問者に対する日本独自の文化と言える
おもてなし」が国内外から見直されてきていることにヒントがあると考えます。
それは人としての「おもてなし思い遣りの心」を今以上に強く持つことではないでしょうか。
厳しい社会、経済状況の中だからこそ、日本の伝統文化おもてなしの心を見直すことだと考えます。
例えばサービス業界では、訪問者やお客様への、「心の通い合い」と「一期一会の心」であるおもてなしです。
それは、自らが、裏表の無い真心を備え持ち触合う方々、訪問者、お客様やおもてなしをする方へ
思い遣る優しい言葉と態度」「気遣いの立ち振る舞い」をすることです。
特に、接客・接遇のコンサルタントやインストラクター、指導育成者、教育現場、社会の指導的立場に
ある行政機関などと言った処で働く方々に柱となって活動して頂く必要があると考えます。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/966-2573ea8d
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック