接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  部下への「思い遣り」

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

Nippon人の【心の礎】それは人を想い・思う気持ち“思いやり”。そして「和」「おもてなし」の『心』。
2018新ロゴL

御訪問ありがとうございます。このサイトを御覧戴く皆様へ。

過去九年間に書いた三千近くの投稿が載ってます。記事右横のカテゴリー項目ですと記事が見つけ易いです。
人の「心」は,顔と同様に一人ひとり異なります。心の形・器の大小・感じ方・理解度も人様々だと思います。
こちらに載せてある「人の心や人間関係関連」の内容は,読む個々人に見合った項目や内容を選びお読み下さい。


ハート無題1s #思いやり ってどんなこと?ハート無題1s


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 

大切な部下を守り、育てる

管理職の役割

指針・方向付け

○ビションの明確化⇒目標をハッキリさせる⇔問題点の発見⇔課題が生まれる

A.どんな会社にしたいか  

  どんな店にしたいか
 
  どんな社員にしたいか
 
  どんなアルバイトにしたいか


B.その為に行うことは(1ヶ月以内、三ヶ月以内、半年以内、一年以内、〇〇月までに)

C.達成したことにより、どんな結果が得られるか

D.結果として、どのような意識が生まれ、その後職務遂行に役立つか

○役割の実行

1.営業実務の各種目標を設定し、現状に合わせて目標達成の為のプロセスを作成する。

 ①目標とは何を指しているのか?

   具体的にどのようにして、何の目標を設定するのか?

 ②何時行うのか?定期的なのか、日毎・週毎・月毎なのか?

   もしくは必要に応じて不定期なのか?

 ③目標に対してどのように取り組むのか?

   目標に対してどのような方法で行うのか?

 ④目標の達成、もしくは進行度合いはチェックする。

   チェックはどうするのか?

 ⑤目標をどのように管理するのか?
 
   誰が管理を行うのか?

2.営業状況把握と、成績向上の為に各分野の課題を構築する。

3.営業、業務、店舗の現況を観察し修正や改善などを行う。

4.何が必要か、なにを行うべきかを計画立てて実行する。

5.業界の現状や動向を把握し職務に生かす。


部下への「思い遣り」の言動は

 見返りを求めず【無言で実行】することです。

ブログパーツ
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/97-59a61f06
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。