接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  「おもてなし」の知能と心を測る

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

おもてなし」の知能と心のチェックリスト

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

2月10日の記事をチェックリストにしてみました。
各項目について、皆で話合いをし、対象となる具体的な内容を決めてお使い下さい。
(注)業種や業態によって、態度、行動や言葉の内容が大きく変わる場合が考えられます。
総てをチェックするのではなく職場環境やスタッフの資質に合った項目を選ぶことです。

【a.~f.は1.~30.の全項目共通】


1. 礼節を重んじ、自然な気遣い、心遣いを何気なくすること
 a.知識と心(意識)の保有度=有←10・9・8・7・6・5・4・3・2・1→無
 b.表情・態度=出来る←10・9・8・7・6・5・4・3・2・1→出来ない
 c.言葉使いと行動=出来る←10・9・8・7・6・5・4・3・2・1→出来ない
 d.取組姿勢=高(良) ←10・9・8・7・6・5・4・3・2・1→低(無・不足)
 e.重視度・必要性=高(良) ←10・9・8・7・6・5・4・3・2・1→低(無・不足)
 f.課題or目標度=高(良) ←10・9・8・7・6・5・4・3・2・1→低(無・不足)

2. 一期一会の心とその心を楽しんで頂く配慮を以って、人との触合いをすること。
3. 和敬清寂の心を以って人と触合うこと。
4. 「守・破・離」の心とその修得を常に意識した言動をすること。
5. 物や人の本質を認識し、夫々を思いやる心を持つこと。

6. 裏表のない心でお互いの心を通わせ合うこと
7. 相手により良い、心豊かな経験や体験を齎すこと。
8.知人や周りの人々の成長を喜ぶと共に自らの成長を喜び、知能や見識に溢れた人達との
 交流や会話を愉しみ先人や偉人を尊敬しこのようなことが出来る己を知り喜ぶこと。
9.立場転換の心を以って、触合う相手の感性、感覚と言った心を尊重し、
 相手の心や経験を豊かにするべく誠心誠意応えること。
10. 心に余裕を持ち、焦りや、それを相手に悟られることのないようにする

11. 相手の不快さや災難を抑え、一期一会を楽しめるように配慮する
12. 気遣いを表す「モノ」と「コト」以って、相手に接すること。
13. 見返りとなる「モノ」や「コト」を望まず、求めないこと。
14. 風情を楽しみ味わえる侘び寂びの心とその心尽くしをすること。
15. 心にいつまでも残る余韻を与えられること。

16. 相手を敬い尊ぶ心を忘れずに人と触合うこと。(心の通う温かな挨拶をする)
17. 相手への想いを無心でしつらえに表すこと。
18. さりげなさを五配りの言動で表し、伝えること。
19. 相手に意識させない自然であり無理のない心で立ち振る舞いをし、触合うこと。
20. 自ら奢らず、物事に拘りを持ち追求すること。

21. 相手の快適さ、心地良さ(居心地)を提供し、夫々を追求する心
22. ゆとりを持ち、こちらの感情や心理状態を相手に悟られないようにする心を持つこと。
23. 誠心誠意の心で要望や希望を叶えようとする心を持つこと。
24. 親身になって相手を考え、凡事を徹底し、お世話する親切心を持つこと。
25. 相手の意識や心を先読みし、さりげなくサポートをすること

26. 黒子の心で五感を総動員し触合いをすること
27. 常々、先祖や物事に感謝する心を持ち、表すこと。
28. 洗練さ増す為に己磨きを繰り返し行うこと。
29. 苦情やクレームを自らの学びとする心を持つこと。
30. もてなす側、もてなされる側の人夫々が周り人々へ気遣う心を持つこと。


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/977-387a3191
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック