接客マナーは心の礎 (おもてなしの心)  春の季語と挨拶言葉

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横

≪日本の「和」の素晴らしさが書かれたブログを御案内します≫ 和のこころ.com

日本の伝統文化,文学などから「和」のこころ,日本人らしさを楽しみながら紐解けるサイトです

和のこころcom1

季語(早~晩)と挨拶言葉

お薦め度【★★★☆☆】全業種、業態用

thCAI9MRT7.jpg



挨拶言葉として使う語句文言

とは名ばかりでまだ真冬のように寒く
〇余寒厳しき折柄
〇三寒四暖と申しますが
〇桃の蕾もふくらみ
〇日増しに暖かくなり
〇急にめいて
〇木々の緑日ごとに色めく季節
〇若草萌える
もたけなわの日和
〇花便りも伝わる今日このごろ
〇うららかな好季節を迎え
光うららかな
〇春の愁いにとらわれ
〇暦の上に春は立ちながら
〇春の風が快い季節となりました
〇日増しに暖かになりました
〇一雨ごとに暖かくなりました
〇花便りが各地から届くこの頃
〇満開の桜が、新たな門出を祝福しているかのように
〇桜の便りも聞かれますが
〇桜の便りが次々に聞かれるこの折
〇近所の桜も満開となり
〇桜の季節もいつしか過ぎ、葉桜の季節となりました
〇温かい春の風を感じ
〇〇良き(佳き)門出をお迎えに
〇若葉の緑が目にも鮮やかなこの頃
〇春たけなわ
〇春風が心地よい
〇春深く、木々の緑に心躍るこの頃
〇うららかな春から初夏の気配も感じるこの頃
〇すっかり春らしい温かい季節となりました。
〇うららかな春日和とありました。
〇吹く風も柔らかな季節となりました
〇春眠暁を覚えずと申しますが
〇木々もすっかり芽吹き、新緑の葉が茂る季節となりました
〇花の盛りもすぎ、日中は少し汗ばむほどの季節となりましたが
〇日増しに春めいてきて参りました
〇春の日差しが心地よくなり
〇入学シーズンたけなわとなり、そこかしこに初々しい新入生の姿をみかけるこの頃
〇いつの間にか葉桜の季節となってしまいました
〇早足に桜の季節も過ぎて、つつじが美しく咲く頃となりました
〇久しく会わないうちに、桜も盛りを過ぎました
〇街路樹も、美しく輝く季節になりました


会話や文中に使われる単語

日永・立春・余寒・彼岸・穀雨・八十八夜・清明・畑打ち・春一番・風光る・雪解け・凍解
・残雪・山笑う・鶯(ウグイス)・鶴帰る・白鳥帰る・巣立・桜・梅・椿・つつじ・蓬
・パンジー・土筆・チューリップ・沈丁花・蕗のとう・若草・菜の花・木の芽・韮(ニラ)
・春菊(シュンギク)・芹(セリ)・桜餅・白子干・雛あられ(雛菓子)・春大根
・夏蜜柑(ナツミカン)・春野菜 ・山葵(ワサビ)薇(ゼンマイ) 蕨(ワラビ)


主に文書に用いる挨拶言葉

・霞立つ春・春爛漫のみぎり・花吹雪の舞うこの頃・桜花爛漫 ・早春の候・軽暖の候
・浅春の候・春暖の候・春陽の候・仲春の候・晩春の候・花冷え候・軽暖の候・桜花の候
・陽春の候・春粧の候・春日の候・春爛漫の候・春分の候・陽春の候・春色の候・弥生の候


    ブログパーツ
    関連記事
    スポンサーサイト
     

    コメント
    この記事へのコメント
    コメントを投稿する
    URL:
    Comment:
    Pass:
    秘密: 管理者にだけ表示を許可する
     
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL
    http://projectishizue.blog60.fc2.com/tb.php/999-1377b210
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
    この記事へのトラックバック