接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

接客マナーは心の礎 (おもてなしの心) 

人を想い、思う気持ち“思いやり”は【心の礎】です。それは人との「和」「おもてなし」の『心』です。
2017新タイトル

ハート無題1s #思いやり ってどんなこと? ハート無題1s

☟ Nippon人力の「和の心」,「思いやる心」を軸とした新サイトです ☟


心の礎和と思いやり横



「己と向合う」自分の職務

※今年の総括にもお使いいただけます。

お薦め度【★★★★】全業種、業態用

本年を顧みる


    ブログパーツ 
     

     日々の努力
     
     お薦め度【★★★★】全業種、業態用

     9-27green.jpg

     

     自分に正直に
     
     お薦め度【★★★★】全業種、業態用

    オレンジmy
     

     当たり前の生き方に心掛けるために

     礼を尽くし、相手を立て、筋を通す

     お薦め度【★★★★】全業種、業態用

     礼を尽くし、相手を立て、筋を通す

     豊かな人間関係の「原点」は当たり前のことを忘れないことです。

     「礼を尽くす」

     人は一人では絶対生きて行けない。
     そのために日々触合う相手を強く意識する心が「仁」、「人間は二人」と書く。
     「仁」は目に見えない観念、それが形として現れるのが「礼」。
     この「礼」とは、礼儀や作法、相手への敬意などの気持ちを表現しきることです。
     「尽くす」は、「筆舌に尽くし難い」と同様、残さず表現することです。

     「相手を立てる」

     ・自分が正しいと思っても、相手の立場が悪くならないよう配慮して行動する。
     ・自分が正しいという主張を過度に行うことを避け、相手の正しい部分を認め褒める。
      その為に相手を立てることが大切で、『あなたの気持ちが分かる』のひと言が大切です。

    ・目上の人を立てるとは、下の者が自然に目上の相手に対して、
     尊敬の念を込めていう言葉で、自分から言うことではありません。
     自分を立てて欲しければ、それなりの日々の努力と自省が必要です。
     また、目下の者が目上の人に向い「あの人は本物」と言うのは相手を立てることにはなりません。

     「筋を通す」

     筋とは、自らが正しいと信じる「心の軸」です。
     それは、人間の精神の指標を指し、その人が持つ判断基準です。
     「筋を通す」とは
     “道理に叶う様にする。”
     “物事の首尾を一貫させる。”
     と言うことです。

     『命』という文字は、人間は、「一度は叩かれる」、と書きます。
     長い人生で叩かれる試練は、一度、二度ではなく、何度でもあるのです。
     命を大切にすると言うことは、叩かれることを覚悟しなければなりません。


      ブログパーツ