post image

後世に伝えたい 体験の学び!-5. #感謝

相手に伝わってこそ 感謝! ******************************************************************************** 先ず,WHY・WHAT・HOWで捉え          WHO・WHEN・WHEREで思考し活動に移す。 *********************************************************************************  ...

post image

後世に伝えたい 体験の学び!-3.筋を通す

感情に左右されず【筋を通す】・「人として正しいか否かを判断基準として決断する」・「物事や人間関係の源(原点)を考えた後に行動する」・「感謝の気持ちを、時・場所・人・雰囲気に合った一番適切な方法で伝える」・「御縁を頂いた人やその方を紹介して下さった方の気持ちを大切にする」・「予定を変更する場合は、早めに連絡し丁重に謝る」・「約束事は、大小に係わらず守る」「何かして貰ったら、必ず返礼をする」・「メールは...

post image

後世に伝えたい 体験の学び!-2.自信

どうしたら、自信がつくの?自分の価値や、能力を確認できて自信を付けて行く上で、私達は、“成功・感動体験”と言う実体験によって身に付けられます。平たく言えば、物事が上手く運んだり、成果として結果が得られたりした経験や良いところや他人にないところを褒められたなどの経験が大きな自信と成ります。このような他人から、自分の良い処や活動を認められたり、褒められたりした時、また自分の価値を見出して貰える様々な経験...

post image

#日本ブランド「#おもてなし」!(32) 実践-#挨拶

おもてなしは挨拶から【挨拶は、互いの心の通い合い】 実社会での様々な対人関係やおもてなしは、総て「挨拶」から始まります。 禅の教えに「一挨一拶」(イチアイ、イチサツ=イツサツ)、と言う熟語があります。 この言葉は「自らの心を開いて、相手の心に近づく」と言う語彙です。※「一挨一拶」の語彙(私見) 「一挨」(いちあい)は ・一会いは、一つの出会い ・一逢いは、一つの出逢い・巡り逢い、或は、感情の存在する逢瀬(おうせ)   ...

post image

#日本ブランド「#おもてなし」!(31) 実践-#空間管理

空間を上手に使ってもてなす!対人関係やおもてなしを実践する場では、お互いの身体の位置、空間や時間の使い方次第で、感情や心の通い合いに役立ちます。人と人とが対人関係の際、会話や大切な人との心の交流をする時、互いの身体の位置(角度=空間管理)によって印象や受止め方が変化します。会話する際、目的に応じてこの空間を上手に使いこなすことです。                               ①#恐...

post image

#日本ブランド「#おもてなし」!(30) 実践-「#コト」~10.

#何気なく #さり気ない #おもてなし日本独自のブランド「おもてなし」は、何気ない「気配り」「気遣い」と「心遣い」「心配り」客人に気を遣わせない何気なさやさり気なさをとても重視します。同時におもてなしは一つの付加価値であり、とても心温まる洗練された美学とも言えます。それには、温かい人の心と心が一つとなり、互いの心が通い合える、さり気ない目配り、気配り、気遣い、心遣い、心配りが大切です。其の一つに、臨機...

post image

#日本ブランド「#おもてなし」!(29) 実践-「#コト」~9.

#日本ブランド#おもてなし―「#コト」の診断 ※おもてなしに必要とされるマインドとスキルの項目です。☑マインド・スキルの項目[評価例-サンプル]例①有=〇・無=✖?=無記入(空白)例②有る=2./少しある1./無=0.1.[ ] 愛情(人・モノ・仕事・国・社会・自然)2.[ ] おもてなし(≒ホスピタリティ・接客・接遇などの各語彙の理解と認識)3.[ ] 奉仕力(≒利他・愛他・お世話・自己犠牲心など)4.[ ] 察知洞察力(≒感受性・想像力・推測...

post image

#日本ブランド「#おもてなし」!(28) 実践-「コト」~8.

#クールジャパンの自覚-日本発の「モノ」と「コト」⦿日本の世界に誇れる独自の素晴らしい文化がある!ここまで日本ブランドおもてなしについて記してきました内容は外国人がクールと捉える日本発の「モノ」と「コト」であり、それは日本の魅力の総称として【クールジャパン】と呼ばれている。その「#モノ」と「#コト」は、リアルなモノとバーチャルなコトに限らずゲームなどのようにモノの個々の使い手を意識し、一体化させた物もある。#おも...

post image

#日本ブランド「#おもてなし」!(27) 実践-「コト」~7.

「モノ」&「コト」を以ってなす 戦後日本では、「モノづくり」にみんなで大きな力を注いで来ました。 その結果一時GDPでも世界一になりましたが、 現在はその座を他国に越されてしまいました。  しかし、世界に類のない日本独自の「モノづくり」が 無くなってしまったのではなく時代にマッチしたモノや文化が増えています。 一例としては世界中から評価されている100円ショップの商品数の多さにも現れてます。  また、先年...

post image

#日本ブランド「#おもてなし」!(26) 実践-「コト」~6..

コトの表現伝達「N」「H」「K」「T」「V」「I」「W」を以てもてなす「N」ニコニコ  これは満面の笑顔のこと。お客様だけでなく、 本人も微笑めば心が楽しくなります。 しかも笑顔で発する声は、とても柔らかく聞こえます。 そしてオープンな心は、オープンな心を誘うもので、笑顔に惹かれて千客万来。 更に目や頬の周りを同時に動かすと 脳の活性化にもなるという学術的な分析も出ています。「H」ハキハキ(言葉使い・言葉遣...

post image

#日本ブランド「#おもてなし」!(25) 実践-「コト」~5..

実践に必要な「コト」―国民性の認識#日本人らしさ (日本人の特質) #おもてなしに活かせる「#コト」が多くあります。※これは「クール」と海外から評価されている要素も含まれる。1.礼儀正しくきちんと挨拶をする。2.相手を大切にし、思いやる心で接する。3.親切で世話好きである。4.義理がたい5.対人関係で、目に見え難い心を優先する。6.気遣いや気配りの意識が高い。7.人の思惑や人の目を気にする。8.「群れ意識」を持ち集団行動を好...

post image

#日本ブランド「#おもてなし」!(24) 実践-「コト」~4.

#コト (心)の表現&伝達<実践に必要とされる項目>※特に№1.~15.の理解と意識(=日本の心)が必要。1.日本の文化歴史を理解する2.森羅万象の中に「ものの哀れ」を感じ取る3.諸行無常を理解する4.一期一会を理解する5.侘び寂びを理解する6.情緒、風情、粋を楽しみ味わう7.和敬静寂を理解する8.表裏一体(裏表無し)を理解する 9.主客一体の心(平等な立場)主客共に相手の嬉しさ、喜びを共有、共感する10.三味一体(人・モノ・店=環境)⇒(...

post image

#日本ブランド「#おもてなし」!(23) 実践-「コト」~3. .

和の「コト」∸実践力(抜粋) ※①スキルと②テクニックは異なります。同じ意ではない。①スキルは、その人の心、個性や資質と深く関係し、人によって異なる技術。 スキルは備え持つ人の状況判断の下で能力が発揮され、どんな状況でも効果を期待できる。②テクニックは、マニュアル化が出來、誰でも一定の効果が期待出来る技術。 テクニックは一定の状況下に於いて、即効性を持ちその効果を発揮出来る。【実践力∸項目】※以下を上の①②で捉...

post image

#日本ブランド「#おもてなし」!(22) 実践-「コト」~2.

コト-「和」の心「和」の心 相手をもてなすために必要なマインドの持ち主は、 「直き心」(=素直さ・受容・謙虚)である「和」の心を持ち、 触合う相手(客人)から求め、望まれるアクションをされる前に その相手(客人)の心をいち早く察知(洞察)することが出来、 それを相手に合わせて、自発的且つ一歩踏み込んだ言動や態度に移せ、  相手(客人)に和やかな心、満足感(≒C.S)の提供出来る持ち主であり、 それを自然な活動に表...

post image

#日本ブランド「#おもてなし」!(21) 実践-「コト」~1.

もてなす心=「コト」の理解と認識もてなしに欠かせないマインドを主客が共に持つ心を「コト」と言う。このコトの実践の際、もてなされる側(客)ともてなす側の諸条件や環境(⇔個人・家族・仲間・複数・グループ・組織・公の市町村・国など)によってコトの表現伝達の形や方法は無限で、形も無数にある。先ず、何の目的でもてなすのか?と言う心(=コト)の理解・認識をする。次に、最初に記した≪10W6H≫を組合せ実践する。[誰に、誰が...

post image

自分の心を#イノベーションする!

心の#イノベーション の「活動」日々少しの時間でも自分と向き合う時間を持つことは、自分自身の心と本気で真剣に向き合うこと=心のイノベーションはこれからの少子高齢化設社会で生きていく上でとても大切です。人は、自分自信を一番好きで愛していると思って生きていますが、意外と自分のことを知っているようで知らないと、体験からも感じます。面倒でも、自分のためになることですので自心と向き合いましょう。意識&活動【項...

post image

#日本ブランド「#おもてなし」!(19-1) 実践-設え(附)

設えの実践※もてなす相手にピッタリ合った設え(しつらえ)をすることが肝要です。※もてなす側のモノ(物)とコト(心)の準備。【項目と内容(抜粋)】 ※仕入・物関連知識理解・印刷配布物などもてなしのために準備する。設計=企画・計画設定=ルールや定義、方法設営=実際の営業のための物事設備=予め備えて置く(常設・一時的・一定期間)設置=建物や機器、用具用品を備え置く設問=もてなす側として客人に問いかける内容・アンケー...

post image

#日本ブランド「#おもてなし」!(20) 実践-所作

所作【心-コトの表現・伝達】おもてなしの「#コト」、即ちもてなす人の心、もてなされる側の気持ち(≒心)を表し伝える様(=作法・形・仕草)を<#所作>と言います。それは、日本の文化である礼儀や作法と深く関わります。この所作は基本を会得し、それぞれの個性を生かすことが大切です。また、その場その時の状況(食事の際・芸術鑑賞・茶道華道・相撲など)に応じ、主客共に様々な所形(作法・礼法・マナー・心得)があります。#所作 は...